仙台市議会議員

渡辺ひろしのブログです。

 
新春のお慶びを申し上げます。
皆様方には新しい年を迎え、
新たな気持ちでご出発をされたことと
拝察いたします。

政権が変わり、日本復興に向けて
国民の期待は高まりつつあります。

このままでは日本はダメになってしまうと
危機意識を募らせていた一人として、
私も日本再建に向けて共に歩んで参りたいと
念願しているところです。

今年一年の国家の弥栄と国民一人ひとりの
お幸せを僭越ながらお祈りいたします。


仙台市議会議員
 渡辺 ひろし

                 
 



政治家は

決断と実行,そして責任

です。

今後も市政一貫を貫きます。

このブログには日常のこと市政に関すること

或は心に浮かぶ由無しごとを書き綴ります

.
詳しくは渡辺ひろしホームページ


30110724天満宮祭典 神輿と青葉blog.jpg


選挙ハガキ 001.jpg


坂下 渡辺ひろし辻立ち (640x378).jpg



速やかな復旧・夢のある復興
そして
未来に生きる子供たちのために
全力投球
お約束いたします
選挙ハガキ.jpg
ブログパーツ時計
議会発言映像

任期満了まで残り
1088日と
5442.00
です

Hiroshi Watanabe | バナーを作成
http://www.facebook.com/hiroshi.watanabe.77770
,
仙台市議会議員 渡辺ひろし 愚直一路 に移行中です。
渡辺ひろし極真会館宮城県本部会長ブログ
仙台市議会議員渡辺ひろし愚直一路

2016年10月10日

Fwd: 【速報】1日5分オウム返しするだけで英会話が話せる方法



iPad\xE3\x81\x8B\xE3\x82\x89\xE9\x80\x81篆\xA1

Begin forwarded message:

綏勐\x87坂査: 罸\x8E\xE6\x97ワ\xBC\x91\xE5\x88\x86鐚\x81\xE8\x8B怨\xAD\x97\xE6\x96域\x81\x9E mag2 0000046293 <mailmag@mag2.com>
\xE6\x97ユ\x99\x82: 2016綛\xB410\xE6\x9C\x889\xE6\x97\xA5 15:26:38 JST
絎\x9B\xE5\x85\x88: hiro97@aa.mbn.or.jp
篁九\x90\x8D: \xE3\x80\x90\xE9\x80\x9F\xE5\xA0宴\x80\x911\xE6\x97\xA55\xE5\x88\x86\xE3\x82ŝ\x82⓾\x83\xA0菴\x94\xE3\x81\x97\xE3\x81\x99\xE3\x82\x8B\xE3\x81\xA0\xE3\x81\x91\xE3\x81ц\x8B延\xBC\x9A荅宴\x81\x8C荅宴\x81\x9B\xE3\x82\x8B\xE6\x96号\xB3\x95
菴\x94篆≦\x85\x88: 0000046293_zcm2ac@publisher.mag2.com

\xE6\x97ユ\x9C㋙\xB8\x80\xE3\x80\x81膂≦\x8D\x98\xE3\x81фソ\xE3\x81\x97\xE3\x81霅阪\xAE\x9F\xE3\x81\xAB
\xE6\x97ュ幻\xE8\x8B延\xBC\x9A荅宴\x82\x92膺\x92緇\x97\xE3\x81с\x81\x8D\xE3\x82\x8B\xE6\x97ユ\x9C㋚\x88\x9D\xE3\x81\xAE
\xE3\x83\x97\xE3\x83ソx82違\x83í\x83\xA0\xE3\x80\x8C\xE3\x82鴻\x83\x94\xE3\x83若\x82ソx83潟\x82違\x83\x91\xE3\x83壔\x83若\x80\x8D\xE3\x81\x8C
\xE9\x81\x82\xE3\x81˨\x80\x81\xE5\x85㋞\x96\x8B\xE3\x81˨\x81ŝ\x82\x8A\xE3\x81障\x81\x97\xE3\x81\x9F\xE3\x80\x82

http://www.namni.net/us/t/code/speak.html

\xE3\x81\x93\xE3\x81勖\x97ユ\x9C㋚\x88\x9D\xE3\x81勉\x83\x97\xE3\x83ソx82違\x83í\x83\xA0\xE3\x81壔\x80\x81
22罩潟\x81障\x81у\x85\xA8\xE3\x81\x8F\xE8\x8B沿\xAA\x9E\xE3\x82\x92荅宴\x81\x9B\xE3\x81ŝ\x81\x8B\xE3\x81c\x81\x9F

\xE3\x83\x81\xE3\x82˨\x83ï\x85\x88\xE7\x94\x9F\xE3\x81\x8C\xE3\x80\x81\xE3\x83\x90\xE3\x82ゃ\x83ŝ\x83潟\x82㋘\x83˨\x81˨\x81ŝ\x82\x8B\xE3\x81障\x81\xA7
\xE8\x8B沿\xAA\x9E筝\x8A\xE9\x81\x94\xE3\x81с\x81\x8D\xE3\x81\x9F\xE9\x81\x8E腮\x8B\xE3\x82\x92
\xE3\x81с\x81\x8D\xE3\x82\x8B\xE9\x99\x90\xE3\x82\x8A\xE5\x86\x8D\xE7憗\x81\x97\xE3\x81\x9F\xE6\x95\x99\xE6\x9D\x90\xE3\x81с\x81\x99\xE3\x80\x82


\xE3\x83\x90\xE3\x82ゃ\x83ŝ\x83潟\x82㋘\x83˨\x81\xA8\xE3\x83\x8D\xE3\x82ゃ\x83\x86\xE3\x82c\x83\x96\xE3\x81\x8C\xE5\x85怨\x90\x8C\xE3\x81\xA7
1綛顔\x96\x93\xE3\x81\x8B\xE3\x81\x91\xE3\x81⓾\x80\x81腆阪\xAE\x9F\xE3\x81\xAB\xE6\x97ュ幻\xE8\x8B延\xBC\x9A荅宴\x82\x92
荅宴\x81\x9B\xE3\x82\x8B\xE3\x82\x88\xE3\x81\x86\xE3\x81˨\x81ŝ\x82\x8B\xE3\x83\x97\xE3\x83ソx82違\x83í\x83\xA0\xE3\x82\x92\xE9\x96\x8B\xE7\x99冴\x81\x97\xE3\x81障\x81\x97\xE3\x81\x9F\xE3\x80\x82


\xE3\x83\x81\xE3\x82˨\x83ï\x85\x88\xE7\x94\x9F\xE3\x81壔\x80\x81筝\x96\xE7\x95\x8C\xE7\x9A\x84\xE3\x81\xAB\xE6\x9C\x89\xE5\x90\x8D\xE3\x81ɾ\x99咲\x9F括\x9F壩B\xE3\x81\xAE
\xE3\x83\x93\xE3\x82吾\x83\x8D\xE3\x82鴻\x83\x91\xE3\x83若\x83\x88\xE3\x83\x8A\xE3\x83若\x81с\x81\x82\xE3\x82\x8A\xE3\x80\x81\xE6\x97ユ\x9C㋘\x81\xA8\xE3\x82˨\x83\x8A\xE3\x83\x80\xE3\x81\xA7
10,000篋坂札筝\x8A\xE3\x81勖\x97ユ\x9C㋙査\xE3\x82\x92\xE8\x8B沿\xAA\x9E\xE3\x83\x9A\xE3\x83í\x83\x9A\xE3\x83í\x81\xAB
紊\x89荳˨\x81\x95\xE3\x81\x9B\xE3\x81\x9F\xE5\x87\x84\xE3\x81\x84\xE5\x85\x88\xE7\x94\x9F\xE3\x81с\x81\x99\xE3\x80\x82


\xE3\x81\x93\xE3\x81勖\x97ユ\x9C㋚\x88\x9D\xE3\x81勉\x83\x97\xE3\x83ソx82違\x83í\x83\xA0\xE3\x81勐E膺\x92羈\x95\xE3\x81夌亜\xE5\x8D\x98\xE3\x81с\x81\x99\xE3\x80\x82


筝\x8B荐\x98\xE3\x81\xAE2\xE3\x82鴻\x83\x86\xE3\x83\x83\xE3\x83\x97\xE3\x82\x921\xE6\x97\xA55\xE5\x88\x86\xE3\x80\x81
膵違\x82\x8A菴\x94\xE3\x81\x99\xE3\x81\xA0\xE3\x81\x91\xE3\x81с\x80\x8145\xE6\x97ャ\x81\xA7
\xE6\x97ュ幻\xE8\x8B延\xBC\x9A荅宴\x82\x92荅宴\x81\x9B\xE3\x82\x8B\xE3\x82\x88\xE3\x81\x86\xE3\x81˨\x81ŝ\x82\x8A\xE3\x81障\x81\x99\xE3\x80\x82

鐚\x91鐚\x891\xE6\x97ャ\x81̩\xBC\x95\xE3\x81ゃ\x81勐\xA0顔\x9D≪\x82\x92\xE3\x82ŝ\x82⓾\x83\xA0菴\x94\xE3\x81\x97\xE3\x81\x99\xE3\x82\x8B
鐚\x92鐚\x89\xE3\x82ŝ\x82⓾\x83\xA0菴\x94\xE3\x81\x97\xE3\x81\x97\xE3\x81\x9F\xE5\x8B\x95\xE7\x94祉\x82\x92荀\x8B\xE3\x81太陽\x8B延\xBC\x9A荅宴\x82\x92\xE7\x96\x91篌寂\xBD\x93薑\x93\xE3\x81\x99\xE3\x82\x8B

\xE6\x97ュ幻篌\x9A荅宴\x82\x84\xE3\x83\x93\xE3\x82吾\x83\x8D\xE3\x82壕\x8B沿\xAA\x9E\xE3\x81ŝ\x81í\x80\x81
300篁ヤ\xB8\x8A\xE3\x81勐\xA0顔\x9D≪\x81ц\x8B沿\xAA\x9E\xE3\x82\x92荅宴\x81\x99膩雁\xBF\x92\xE3\x82\x92\xE3\x81\x99\xE3\x82\x8B\xE3\x81\x8B\xE3\x82\x89
45\xE6\x97ャ\x81ц\x8B沿\xAA\x9E\xE3\x82\x92荅宴\x81\x9B\xE3\x82\x8B\xE3\x82\x88\xE3\x81\x86\xE3\x81˨\x81ŝ\x82\x8A\xE3\x81障\x81\x99\xE3\x80\x82


\xE3\x83祉\x81\x8A綺\x97\xE3\x81у\xBA\x97\xE5\x93<\x81\xAB絨\x8B\xE3\x81ソx82\x8B\xE5\xA0顔\x9D\xA2
\xE3\x83糸\xA5\x91膣\x84\xE3\x81勖\x89\x93\xE3\x81≦\x90\x88\xE3\x82\x8F\xE3\x81\x9B\xE3\x81勐\xA0顔\x9D\xA2
\xE3\x83脂\x81\x93\xE3\x81̬新\xE3\x81c\x81\x9F\xE6\x99\x82\xE3\x81勐\xA0顔\x9D\xA2
\xE3\x83糸\x90\x8C\xE5\x83\x9A\xE3\x82\x92\xE5\x8A宴\x81障\x81\x99\xE5\xA0顔\x9D\xA2
\xE3\x83私\xB9\x85\xE3\x80\x85\xE3\x81\xAB\xE5\x8F\x8B\xE9\x81\x94\xE3\x81˩\xBC\x9A\xE3\x81c\x81\x9F\xE6\x99\x82\xE3\x81勐\xA0顔\x9D\xA2
\xE3\x83糸\x8F\x8B\xE9\x81\x94\xE3\x81̹\x81\x93\xE5\xA0眼\x81\x99\xE3\x82\x8B\xE5\xA0顔\x9D\xA2

\xE3\x81ŝ\x81í\x81ŝ\x81í\x80\x81
300篁ヤ\xB8\x8A\xE3\x81勐\xA0顔\x9D≪\x81ц\x8B沿\xAA\x9E\xE3\x82\x92荅宴\x81\x9B\xE3\x82\x8B\xE3\x82\x88\xE3\x81\x86\xE3\x81\xAB
\xE3\x81ŝ\x81c\x81\x9F\xE3\x82\x89\xE3\x80\x81\xE8\x8B沿\xAA\x9E\xE5\x88\x9D綽\x83\xE8\x80\x85\xE3\x82\x92
\xE5\x8D\x92罐ソx81с\x81\x8D\xE3\x82\x8B\xE3\x81\xA8\xE6\x80\x9D\xE3\x81\x84\xE3\x81障\x81\x9B\xE3\x82\x93\xE3\x81\x8B鐚\x9F


\xE3\x81\x93\xE3\x81勖\x95\x99\xE6\x9D\x90\xE3\x81˨\x81壔\x80\x81\xE3\x82激\x83c\x83\x89\xE3\x83若\x82ゃ\x83潟\x82逸\xBC\x88\xE3\x82ŝ\x82⓾\x83\xA0菴\x94\xE3\x81\x97鐚\x89
\xE3\x81\xA8\xE3\x81\x84\xE3\x81\x86\xE3\x83\x97\xE3\x83ソx81勐\x90\x8C\xE6\x99\x82\xE9\x80\x9A荐活\x80\x85\xE3\x81\x9F\xE3\x81<\x81\x8C\xE3\x80\x81
\xE6\x99勖p\xE3\x81\x8B\xE3\x82\x89\xE8\x8B沿\xAA\x9E\xE5\x8A\x9B\xE3\x82\x92\xE3\x83\x96\xE3\x83í\x83\x83\xE3\x82激\x83ャ\x82≪\x83\x83\xE3\x83\x97\xE3\x81\x99\xE3\x82\x8B\xE3\x81\x9F\xE3\x82\x81\xE3\x81\xAB
絎\x9F莊泣\x81\x97\xE3\x81⓾\x81\x84\xE3\x82\x8B\xE5\x8A号\x9E\x9C\xE6\x8A\x9C臂ゃ\x81勐E膺\x92羈\x95\xE3\x82\x92絨\x8E\xE5\x85ャ\x81\x97\xE3\x81⓾\x81\x84\xE3\x81障\x81\x99\xE3\x80\x82


\xE3\x82激\x83c\x83\x89\xE3\x83若\x82ゃ\x83潟\x82違\x82\x92絎\x9F莊泣\x81\x99\xE3\x82\x8B\xE3\x81\xA8\xE3\x80\x81
\xE3\x82鴻\x83\x94\xE3\x83若\x82ソx83潟\x82医\x8A\x9B\xE3\x80\x81\xE3\x83ŝ\x82鴻\x83\x8B\xE3\x83潟\x82医\x8A\x9B\xE3\x80\x81\xE7\x99咲\x9F潟\x81\x8C
\xE5\x85\xA8\xE3\x81☗\x90\x8C\xE6\x99\x82\xE3\x81˨\x83<\x82ソx83<\x82ソx81\xA8筝\x8A\xE9\x81\x94\xE3\x81\x99\xE3\x82\x8B\xE3\x82\x88\xE3\x81\x86\xE3\x81˨\x81ŝ\x82\x8A\xE3\x81障\x81\x99\xE3\x80\x82


\xE3\x82激\x83c\x83\x89\xE3\x83若\x82ゃ\x83潟\x82違\x81壔\x80\x81\xE6\x97ユ\x9C㋙\xB8\x80\xE3\x81勤\x8B沿\xAA\x9E\xE3\x82潟\x83若\x83\x81\xE3\x82\x84
\xE3\x83\x8D\xE3\x82ゃ\x83\x86\xE3\x82c\x83\x96\xE3\x81\x8C紊х偽莖\x9B\xE3\x81\x97\xE3\x81⓾\x81\x84\xE3\x82\x8B絖電話1(プッシュホン)\xBF\x92羈\x95\xE3\x81с\x81\x99\xE3\x80\x82
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


\xE3\x81с\x82\x82\xE3\x80\x81篏\x95\xE3\x81с\x80\x81\xE3\x81\x9D\xE3\x82\x93\xE3\x81ɱ\x8A号\x9E\x9C\xE6\x8A\x9C臂ゃ\x81勐E膺\x92羈\x95\xE3\x81\x8C
\xE6\x97ユ\x9C㋘\x81с\x81\x82\xE3\x81障\x82\x8A\xE7\x9Fャ\x82\x89\xE3\x82\x8C\xE3\x81⓾\x81\x84\xE3\x81ŝ\x81\x84\xE3\x81勉\x81\x8B鐚\x9F


\xE3\x81\x9D\xE3\x82\x8C\xE3\x81壔\x80\x81篁\x8A\xE3\x81障\x81с\x82激\x83c\x83\x89\xE3\x83若\x83潟\x83潟\x82違\x81壔\x80\x81
筝\xB4\x9A\xE3\x83㋘\x83\x99\xE3\x83˩札筝\x8A\xE3\x81˨\x81ŝ\x82\x89\xE3\x81ŝ\x81\x84\xE3\x81\xA8\xE3\x81с\x81\x8D\xE3\x81ŝ\x81\x84
\xE9\x9Bc\x81\x97\xE3\x81\x84絖電話1(プッシュホン)\xBF\x92羈\x95\xE3\x81\xA0\xE3\x81\xA8\xE6\x80\x9D\xE3\x82\x8F\xE3\x82\x8C\xE3\x81⓾\x81\x8D\xE3\x81\x9F\xE3\x81\x8B\xE3\x82\x89\xE3\x81с\x81\x99\xE3\x80\x82



\xE3\x81\x93\xE3\x81勖\x97ユ\x9C㋚\x88\x9D\xE3\x81勉\x83\x97\xE3\x83ソx82違\x83í\x83\xA0\xE3\x81с\x81壔\x80\x81
\xE3\x83\x8D\xE3\x82ゃ\x83\x86\xE3\x82c\x83\x96\xE3\x81\x8C鐚\x93\xE6\x89\x8D\xE3\x81勐\xB0\x8F\xE3\x81\x95\xE3\x81ɱ\xAD\x90箴\x9B\xE3\x81\xAB
荅宴\x81\x97\xE3\x81\x8B\xE3\x81\x91\xE3\x82\x8B\xE3\x82\x88\xE3\x81\x86\xE3\x81˨\x80\x81

\xE3\x82\x86\xE3\x81c\x81\x8F\xE3\x82\x8A\xE3\x81\xA8\xE3\x80\x81\xE3\x81壔\x81c\x81\x8D\xE3\x82\x8A\xE3\x81\xA8筝\x80茯\x9E\xE3\x80\x81筝\x80茯\x9E\xE3\x82\x92
\xE7\x99咲\x9F潟\x81\x99\xE3\x82\x8B\xE3\x82\x88\xE3\x81\x86\xE3\x81̬o\xE3\x81\x99\xE3\x80\x8C\xE3\x82鴻\x83若\x83\x91\xE3\x83若\x82鴻\x83ソx83若\x82鴻\x83\x94\xE3\x83若\x83\x89\xE3\x80\x8D\xE3\x82\x92
絨\x8E\xE5\x85ャ\x81\x97\xE3\x81障\x81\x97\xE3\x81\x9F\xE3\x80\x82


\xE3\x82鴻\x83\x94\xE3\x83若\x82ソx83潟\x82違\x83\x91\xE3\x83壔\x83若\x81с\x81壔\x80\x81
\xE6\x97ユ\x9C㋚\x88\x9D鐚\x81\xE3\x82鴻\x83若\x83\x91\xE3\x83若\x82鴻\x83ソx83若\x82鴻\x83\x94\xE3\x83若\x83\x89\xE3\x82\x92
絨\x8E\xE5\x85ャ\x81\x97\xE3\x81\x9F\xE3\x81\x93\xE3\x81\xA8\xE3\x81˨\x82\x88\xE3\x82\x8A\xE3\x80\x81\xE3\x82激\x83c\x83\x89\xE3\x83若\x82ゃ\x83潟\x82違\x81\xAF
\xE9\x9Bc\x81\x97\xE3\x81\x84\xE3\x81\xA8\xE3\x81\x84\xE3\x81\x86\xE8\x8B沿\xAA\x9E罐\x95\x8C\xE3\x82\x92荀\x86\xE3\x81\x99\xE3\x81\x93\xE3\x81\xA8\xE3\x81\xAB\xE6\x88\x90\xE5\x8A\x9F\xE3\x81\x97\xE3\x81障\x81\x97\xE3\x81\x9F鐚\x81


筝E\xE3\x83㋘\x83\x99\xE3\x83˨\x81亜\xE5\x8D\x98\xE3\x81ʃ\x8B怨\x8D\x98茯\x9E\xE3\x81\x99\xE3\x82\x89荐\x80\xE3\x81\x86\xE3\x81勉\x81\x8C
\xE3\x82\x84\xE3\x81c\x81\xA8\xE3\x81勤\xB6\x85\xE8\x8B沿\xAA\x9E\xE5\x88\x9D綽\x83\xE8\x80\x85\xE3\x81с\x82\x82\xE3\x80\x81\xE3\x81\x93\xE3\x81勉\x83\x97\xE3\x83ソx82違\x83í\x83\xA0\xE3\x81\xA7
罸\x8E\xE6\x97ワ\xBC\x95\xE3\x81ゃ\x81勐\xA0顔\x9D≪\x81с\x82ŝ\x82⓾\x83\xA0菴\x94\xE3\x81\x97\xE3\x82\x92\xE3\x81\x99\xE3\x82\x8B\xE3\x81\x93\xE3\x81\xA8\xE3\x81˨\x82\x88\xE3\x82\x8A
2\xE9\x80演\x96\x93\xE3\x81у\x88\x9D綽\x83\xE8\x80\x85\xE3\x82\x92\xE5\x8D\x92罐ソx81\x99\xE3\x82\x8B\xE3\x81\x93\xE3\x81\xA8\xE3\x81\x8C\xE3\x81с\x81\x8D\xE3\x81障\x81\x99\xE3\x80\x82


\xE3\x81\x99\xE3\x81\x94\xE3\x81\x8F\xE8\x89壔\x81\x95\xE3\x81\x9D\xE3\x81\x86\xE3\x81ŝ\x83\x97\xE3\x83ソx82違\x83í\x83\xA0\xE3\x81\xA0\xE3\x81\x91\xE3\x81í\x80\x81
篁\x8A\xE3\x81障\x81с\x81帥\x81\x9F\xE3\x81\x84\xE3\x81̹\x80\x94筝ソx81с\x80\x81\xE6\x8C\xAB\xE6\x8A\x98\xE3\x81\x97\xE3\x81⓾\x81\x97\xE3\x81障\x82\x8F\xE3\x81ŝ\x81\x84\xE3\x81\x8B\xE3\x81\xA8綽\x83\xE9\x85\x8D\xE2\x80\xA6


絎\x89綽\x83\xE3\x81\x97\xE3\x81☖\xB8\x8B\xE3\x81\x95\xE3\x81\x84鐚\x81

\xE3\x83\x90\xE3\x82ゃ\x83ŝ\x83潟\x82㋘\x83̬\xAC\x9B絽˨\x83\x81\xE3\x82˨\x83ï\x85\x88\xE7\x94\x9F\xE3\x81\x8C
45\xE6\x97ラ\x96\x93\xE3\x80\x81罸\x8E\xE6\x9C\x9D7\xE6\x99\x82\xE3\x81˨\x80\x81\xE3\x83<\x83若\x83˨\x82泣\x83\x9D\xE3\x83若\x83\x88\xE3\x82\x92\xE9\x85\x8D篆<\x81\x97\xE3\x81\xA6
\xE3\x81\x82\xE3\x81ŝ\x81\x9F\xE3\x81勉\x81\x8A絨祉\x82\x92\xE5\x8Fí\x81\x84\xE3\x81⓾\x81\x8F\xE3\x82\x8C\xE3\x81障\x81\x99\xE3\x81勉\x81с\x80\x81
\xE9\x80\x94筝ソx81ф\x8C\xAB\xE6\x8A\x98\xE3\x81\x99\xE3\x82\x8B\xE3\x81\x93\xE3\x81\xA8\xE3\x81ŝ\x81\x8F\xE3\x80\x81罸\x8E\xE6\x97ャ\x80\x81罐純\x81\x97\xE3\x81\x8F
\xE8\x8B沿\xAA\x9E\xE3\x81勐\x8B\x89綣激\x81\x8C\xE3\x81с\x81\x8D\xE3\x81障\x81\x99\xE3\x82\x88\xE3\x80\x82


腱\x81\xE3\x82\x82\xE3\x83\x81\xE3\x82˨\x83ï\x85\x88\xE7\x94\x9F\xE3\x81勉\x82泣\x83\x9D\xE3\x83若\x83\x88\xE3\x83<\x83若\x83˨\x82\x92
莖取˛\xE3\x81\x97\xE3\x81⓾\x81\x84\xE3\x81障\x81\x99\xE3\x81\x8C\xE3\x80\x81\xE3\x81\x95\xE3\x81\x99\xE3\x81\x8C10,000篋坂札筝\x8A\xE3\x82\x92
\xE8\x8B沿\xAA\x9E\xE3\x83\x9A\xE3\x83í\x83\x9A\xE3\x83í\x81\xAB紊\x89\xE3\x81\x88\xE3\x81\x9F\xE3\x83\x90\xE3\x82ゃ\x83ŝ\x83潟\x82㋘\x83̬\xAC\x9B絽\xAB
\xE3\x81\xA0\xE3\x81\x91\xE3\x81\x82\xE3\x81c\x81⓾\x80\x81

\xE3\x82泣\x83\x9D\xE3\x83若\x83\x88\xE3\x83<\x83若\x83˨\x81勐\x86\x85絎鴻\x81\x8C
\xE3\x82\x81\xE3\x81<\x82\x83\xE3\x81\x8F\xE3\x81<\x82\x83羶\x83\xE3\x81\x84\xE3\x81с\x81\x99\xE3\x80\x82


腱\x81\xE3\x82\x82罸\x8E\xE6\x97ャ\x82泣\x83\x9D\xE3\x83若\x83\x88\xE3\x83<\x83若\x83˨\x82\x92茯ソx82\x93\xE3\x81\xA7
\xE5\x8B\x89綣激\x81˨\x81ŝ\x81c\x81⓾\x81\x84\xE3\x81障\x81\x99\xE3\x80\x82


\xE3\x83\x81\xE3\x82˨\x83ï\x85\x88\xE7\x94\x9F\xE3\x81勉\x82泣\x83\x9D\xE3\x83若\x83\x88\xE3\x83<\x83若\x83˨\x82\x92
45\xE6\x97ラ\x96\x93\xE3\x80\x81\xE5\x8F\x97\xE3\x81\x91\xE5\x8F\x96\xE3\x82\x8A\xE3\x81ŝ\x81\x8C\xE3\x82\x89
罸\x8E\xE6\x97ャ\x80\x81\xE3\x81\x93\xE3\x81勖\x97ユ\x9C㋚\x88\x9D\xE3\x81勉\x83\x97\xE3\x83ソx82違\x83í\x83\xA0\xE3\x81у\x8B\x89綣激\x81\x97\xE3\x81\x9F\xE3\x82\x89\xE3\x80\x81

\xE8\x8B沿\xAA\x9E\xE3\x81\x8C筝\x8A\xE9\x81\x94\xE3\x81\x97\xE3\x81ŝ\x81\x84\xE3\x80\x81
\xE3\x81\xA8\xE3\x81\x84\xE3\x81\x86\xE3\x81\x93\xE3\x81\xA8\xE3\x81勖\x96鴻\x81\x8C\xE8\x80\x83\xE3\x81\x88\xE3\x81\x9A\xE3\x82\x89\xE3\x81\x84\xE3\x81с\x81\x99\xE3\x80\x82


\xE3\x83\x90\xE3\x82ゃ\x83ŝ\x83潟\x82㋘\x83˨\x81勉\x82泣\x83\x9D\xE3\x83若\x83\x88\xE3\x82\x92\xE5\x8F\x97\xE3\x81\x91\xE3\x81ŝ\x81\x8C\xE3\x82\x89\xE3\x80\x81
\xE6\x95\x99\xE6\x9D\x90\xE3\x81勌賢\xE3\x81勉\x83\x80\xE3\x82ゃ\x82≪\x83ソx82違\x81\xAB羃帥\x81c\x81\x9F\xE5\x8B\x95\xE7\x94祉\x81\x8C
罸\x8E\xE6\x9C\x9D鐚\x95\xE3\x81ゃ\x81\x9A\xE3\x81ゃ\x83<\x83若\x83˨\x81ч\x80\x81\xE3\x82\x89\xE3\x82\x8C\xE3\x81⓾\x81\x8D\xE3\x81障\x81\x99\xE3\x80\x82


\xE3\x83\x9B\xE3\x83若\x83\xA0\xE3\x83\x9A\xE3\x83若\x82吾\x81˨\x81\x82\xE3\x82\x8B
\xE7\x84≧\x96\x99\xE3\x82泣\x83潟\x83\x97\xE3\x83\xAB\xE5\x8B\x95\xE7\x94祉\x81\xA0\xE3\x81\x91\xE3\x81с\x82\x82
篁\x8A\xE3\x81\x99\xE3\x81\x90荀\x8B\xE3\x82\x8B篋\x8B\xE3\x82\x92\xE3\x81\x8A\xE5\x8Bс\x82\x81\xE3\x81\x97\xE3\x81障\x81\x99\xE3\x80\x82


\xE3\x81\x9D\xE3\x81\x97\xE3\x81⓾\x80\x81\xE3\x83\x9B\xE3\x83若\x83\xA0\xE3\x83\x9A\xE3\x83若\x82吾\x81с\x81\xAF
\xE3\x83\x8D\xE3\x82ゃ\x83\x86\xE3\x82c\x83\x96\xE3\x81\x8C\xE3\x80\x81\xE3\x82激\x83c\x83\x89\xE3\x83若\x82ゃ\x83潟\x82違\x81勖\x96号\xB3\x95\xE3\x82\x92
\xE5\x88\x9D綽\x83\xE8\x80\x85\xE3\x81с\x82\x82\xE3\x82\x8F\xE3\x81\x8B\xE3\x82\x8A\xE3\x82\x84\xE3\x81\x99\xE3\x81頵hą\xE3\x81\x97\xE3\x80\x81

\xE3\x83\x8D\xE3\x82ゃ\x83\x86\xE3\x82c\x83\x96\xE3\x81勉\x82激\x83c\x83\x89\xE3\x83若\x82ゃ\x83潟\x82違\x81\xAE
\xE3\x83\x87\xE3\x83≪\x83潟\x82鴻\x83\x88\xE3\x83㋘\x83若\x82激\x83с\x83潟\x82\x92\xE3\x81\x97\xE3\x81⓾\x81\x84\xE3\x82\x8B
\xE7\x84≧\x96\x99\xE5\x8B\x95\xE7\x94祉\x82\x82荀\x8B\xE3\x82\x8B\xE3\x81\x93\xE3\x81\xA8\xE3\x81\x8C\xE3\x81с\x81\x8D\xE3\x81障\x81\x99\xE3\x80\x82


\xE3\x83\x8D\xE3\x82ゃ\x83\x86\xE3\x82c\x83\x96\xE3\x82\x82紊х偽莖\x9B\xE3\x81\xAE
\xE5\x8A号\x9E\x9C\xE6\x8A\x9C臂ゃ\x81勐E膺\x92羈\x95\xE3\x80\x81
\xE3\x82激\x83c\x83\x89\xE3\x83若\x82ゃ\x83潟\x82違\x81勐\x8B\x95\xE7\x94祉\x82\x92荀\x8B\xE3\x82\x8B
\xE2\x86\x93
http://www.namni.net/us/t/code/speak.html


\xE3\x81\x97\xE3\x81\x8B\xE3\x82\x82\xE3\x80\x81
10\xE6\x9C\x8815\xE6\x97ャ\x81障\x81с\x80\x8110\xE5\x91\xA8綛頑\xA8\x98綽窮\x89劫\x88ャ\x82ソx83c\x83潟\x83\x9A\xE3\x83若\x83潟\x82\x92
\xE9\x96\x8B\xE5\x82㋘\x81\x97\xE3\x81⓾\x81\x84\xE3\x82\x8B\xE3\x81勉\x81с\x80\x81篁\x8A\xE3\x81ŝ\x82\x89\xE3\x82\x82\xE3\x81c\x81\xA8\xE3\x82\x82\xE3\x81\x8A緇\x97\xE3\x81\xAB
\xE3\x81\x93\xE3\x81勉\x83\x97\xE3\x83ソx82違\x83í\x83\xA0\xE3\x81̥\x94潟\x81\x97莨若\x82\x80\xE3\x81\x93\xE3\x81\xA8\xE3\x81\x8C\xE3\x81с\x81\x8D\xE3\x82\x8B\xE3\x81勉\x81с\x80\x81
篁\x8A\xE3\x81\x99\xE3\x81\x90\xE3\x80\x81\xE3\x83\x81\xE3\x82с\x83\x83\xE3\x82壔\x81\x97\xE3\x81⓾\x81帥\x81☖\xB8\x8B\xE3\x81\x95\xE3\x81\x84\xE3\x80\x82

\xE6\x97ユ\x9C㋙\xB8\x80\xE3\x80\x81膂≦\x8D\x98\xE3\x81\xAB罐純\x81\x97\xE3\x81霅阪\xAE\x9F\xE3\x81\xAB
\xE6\x97ュ幻\xE8\x8B延\xBC\x9A荅宴\x82\x92荅宴\x81\x9B\xE3\x82\x8B\xE6\x97ユ\x9C㋚\x88\x9D\xE3\x81\xAE
\xE3\x83\x97\xE3\x83ソx82違\x83í\x83\xA0\xE3\x80\x8C\xE3\x82鴻\x83\x94\xE3\x83若\x82ソx83潟\x82違\x83\x91\xE3\x83壔\x83若\x80\x8D
\xE2\x86\x93
http://www.namni.net/us/t/code/speak.html



\xE2\x97\x8E\xE3\x81\x93\xE3\x81勉\x83<\x83˨\x83\x9E\xE3\x82㋘\x81̬\xBF\x94篆<\x81\x99\xE3\x82\x8B\xE3\x81◐\x99肴\xA1\x8C\xE8\x80\x85\xE3\x81\x95\xE3\x82\x93\xE3\x81˨\x83<\x83\x83\xE3\x82祉\x83若\x82吾\x82\x92絮\x8A\xE3\x81\x91\xE3\x82\x89\xE3\x82\x8C\xE3\x81障\x81\x99
\xE2\x80紫\x99肴\xA1\x8C\xE8\x80\x85\xE3\x81\x95\xE3\x82\x93\xE3\x81\xAB絮\x8A\xE3\x81\x8F\xE5\x86\x85絎鴻\x81壔\x80\x81\xE3\x83<\x83\x83\xE3\x82祉\x83若\x82吾\x80\x81\xE3\x83<\x83若\x83˨\x82≪\x83\x89\xE3\x83㋘\x82鴻\x81с\x81\x99

\xE2\x97\x8E罸\x8E\xE6\x97ワ\xBC\x91\xE5\x88\x86鐚\x81\xE8\x8B怨\xAD\x97\xE6\x96域\x81\x9E
 \xE3\x81勉\x83\x90\xE3\x83\x83\xE3\x82壔\x83\x8A\xE3\x83潟\x83\x90\xE3\x83若\x81壔\x81\x93\xE3\x81<\x82\x89
\xE2\x87\x92 http://archives.mag2.com/0000046293/index.html?l=sfc09ea900

\xE2\x97\x8E罸\x8E\xE6\x97ワ\xBC\x91\xE5\x88\x86鐚\x81\xE8\x8B怨\xAD\x97\xE6\x96域\x81\x9E
 \xE3\x81勰\x85\x8D篆≦\x81\x9C罩≪\x81壔\x81\x93\xE3\x81<\x82\x89
\xE2\x87\x92 http://www.mag2.com/m/0000046293.html?l=sfc09ea900



posted by 渡辺ひろし at 15:55| 日記

2016年05月04日

五月の議会の日程です。

毎月議会は開かれています。
http://ur0.work/tFr7
posted by 渡辺ひろし at 20:46| 日記

点検

posted by 渡辺ひろし at 14:27| 日記

2014年03月09日

新しいホームページに移行しました。

新しいホームページに移行しました。
http://hiroshidesu.net/
ブログもこちらにアップします。
今後ともよろしくお願いいたします。
posted by 渡辺ひろし at 22:05| 日記

2014年02月19日

議会再会

三会派の代表質疑が行われました。市長の施政方針,復興計画の進捗状況、財政見通し、市立病院、待機児童、工事請負契約、仙台市の経済成長デザイン等々、様々です。市政の基本に係ることに対して質疑しますから、似たような質問になるのですが,御当局の答弁は質疑者の微妙なニュアンスの違いに事よせて答弁を変え同じ答弁はありません。見事,といつも思います。

愛煙家の会派代表の質疑は仙台市の❝受動喫煙防止対策ガイドライン❞に触れ愛煙家の存在をアピールし、分煙を認めさせようと迫りましたが、結局は市役所敷地内では煙草は吸えないことになりそうですね。

煙草税が貴重な税収源であることは認め,タバコを吸ってはいけないとは言わない答弁なのですが聞く者にこれは駄目だ、と諦めさせる答弁でした。ますます喫煙の場所を探しさ迷う愛煙家の姿が₎見られそうです。

今日の日をもって会派名が変わりました。「復興仙台」改め「自由民主党復興仙台」となりました。私ともう一方を含め全員が自由民主党仙台市連合会のメンバーとなったからです。

私の場合は市長選出馬を機会に一般党員を外れ₎文字通り無所属になり四年余り、もともと自民党所属同様の政治的スタンスでいましたので,特に感慨はありません。これで仙台市議会に自由民主党と名のつく会派が₎三つになりました。自民党会派は₎離合集散をこれまで₎繰り返してきました。

これからお互いがお互いを認めることを心していかなければ₎なりません。同じことを繰り返さぬように。
posted by 渡辺ひろし at 21:15| 日記

2014年02月16日

待ち人来る

東北道の通行止めがまだ続ているようです。昨日来の大雪で全国で人命に係る混乱が起きています。宿泊地で閉じ込められたまま救援を待っている人々、作業から帰宅途上連絡が途絶えてしまったままの人、受験、就職、冠婚葬祭様々な形で影響を受けながらも皆さん頑張って進路を開いていることでしょう。

今日は午前中に電気器具が届くことになっていました。件の品物は関東以南から届くことになっていました。東北道の通行止めで一般道を直走りに駈けて来たのでしょうか、その責任感に頭が下がります。

通行止めが続いている状況の背後では,復旧に汗を流している沢山の人々がいることを忘れてはなりません。命がけで救助に務めている自衛官,消防、警察等行政機関の皆さん、交通機関を始め社会インフラを支える皆さんに心から感謝をします。

今日は待ち人来たりて、品物が届きました。件のものとは掃除機です、家の中が清々しくなった思いです。十数年頑張ってくれた掃除機のホースが折れ力尽きて、交代した新掃除機、使うたびに豪雪nまつわる多くのことを思い出すことでしょう。力尽きた掃除機は今は亡き母が愛用のものでした。

さてこれから新年会後半戦、飲食店関連団体の新年会に出席です。社会を支える皆さんもやっと新年会を迎える時期になりました。
posted by 渡辺ひろし at 17:07| 日記

待ち人来る

東北道の通行止めがまだ続ているようです。昨日来の大雪で全国で人命に係る混乱が起きています。宿泊地で閉じ込められたまま救援を待っている人々、作業から帰宅途上連絡が途絶えてしまったままの人、受験、就職、冠婚葬祭様々な形で影響を受けながらも皆さん頑張って進路を開いていることでしょう。

今日は午前中に電気器具が届くことになっていました。件の品物は関東以南から届くことになっていました。東北道の通行止めで一般道を直走りに駈けて来たのでしょうか、その責任感に頭が下がります。

通行止めが続いている状況の背後では,復旧に汗を流している沢山の人々がいることを忘れてはなりません。命がけで救助に務めている自衛官,消防、警察等行政機関の皆さん、交通機関を始め社会インフラを支える皆さんに心から感謝をします。

今日は待ち人来たりて、品物が届きました。件のものとは掃除機です、家の中が清々しくなった思いです。十数年頑張ってくれた掃除機のホースが折れ力尽きて、交代した新掃除機、使うたびに豪雪nまつわる多くのことを思い出すことでしょう。力尽きた掃除機は今は亡き母が愛用のものでした。

さてこれから新年会後半戦、飲食店関連団体の新年会に出席です。社会を支える皆さんもやっと新年会を向けることになりました。
posted by 渡辺ひろし at 17:05| 日記

2014年02月15日

社会の信頼性

続いての大雪で交通機関の混乱が報道されています。今日は、市内北部そして中心部の各会場を巡らなければなりません。さて、思案投げ首の末公共交通機関を利用することに。JR仙石線、仙台市地下鉄そして仙台市営バスを利用して各会場に到着し、結果見事に役目を派すことが出来ました。

前回の大雪と違って、水分たっぷりの雪で足元はびちょびちょ、所によっては水溜まりになって
いて歩きにくいこと夥しいのですが、車は何とか走行できる状況でした、除雪は間に合っていないようでした。除融雪の取り組みについて議論が起こると思います、関係者のろうはたとしながらも反省大ですね。

日本の伝統文化を紹介する会場では、小学生が主役でした。華道、茶道そしてお琴、書道その他日本の伝統文化が披露されていましたが子供たちが着実に伝統文化を引き継いでいてくれていることに安ど感とうれしさを感じました。

和服を纏った姿かわいさと同時に華やかさを醸し出しています。洋服姿の子供たちも服の上から帯を綺麗に締めてもらって作法にのっとてお茶を裁ててくれました。今回で三回目を迎えるこの催し、今後の国の支援が不透明ということを関係者からお聞きしました。ぜひ続けていきたい事業です。

合気道強化錬成大会、シニアーのソフトテニス大会青葉体育館で開催されていました。いずれも生涯学習にふさわしいスポーツです。真剣にそして嬉々期として試合に興じている姿は見ている者も嬉しくさせます。

外は大雪、しかしながら屋根の下では通常通りに行事がこなされる、日本の社会を支えるインフラの堅固さを改めて感じ日本の底力の偉大さに敬意を表します。信頼性と力を着実に維持し時代に伝えて行く責任も大ですね。社会の信頼性の維持は、一人ひとりの責任感の軽重にかかわります。日本の伝統文化を大事にしてゆくことに現在世界に誇る日本の国民性の維持がかかっているのでは、と思っています。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2014年02月11日

建国記念日

Aviary Photo_130329562623216631.png
今日は建国記念日です。悠久の歴史に思いをいたし来るべき未来に希望を持って今日一日を過ごそうと思います。リスクを負わない言論と一部政治家もどきの存在はむしろ本来の立ち位置をわれわれ国民に考える機会を与えてくれました。さあ歩みましょう我々一人ひとりの一歩を、自立自尊の精神と我々一人ひとりの覚悟が日本の未来を開く一番の力なのです。

posted by 渡辺ひろし at 08:05| 日記

2014年02月10日

新しい週が始まりました。

朝ゆっくりとしました。辻立ちはお休み、一昨日から家内は上京中です。アイホーンを変えたばかりなのでその調整とyoutubeの世界で資料探し、楽しい時間を過ごしました。大雪の効用ですね。

昨日は目が覚めてさて雪かきと外を見たらすでに一本の道が普請してありました。アスファルトの路面が見えて雪の白さと好対象でした。隣の大家さんお息子さんが早朝未明のうちに取り組んで頂いたのでした。感謝ですね。

久しぶりの大雪をもたらした嵐も、仙台市でも1926年の統計開始から3番目となる35センチの積雪を記録するなど国中を覆い尽くしましたが、致命的な被害も生まずに回復に向かっています。国のインフラが如何にしっかりしているか,支えている皆さんに心から感謝、そして日本に生まれて本当に良かったと思う一日です。

新しい週が始まりました。自分の役目をしっかりと果たしていきたいと思います。
IMG_5341.JPG
posted by 渡辺ひろし at 10:07| 日記

2014年02月03日

節分 新たな出発

2月3日節分を迎えました。年に何回か新たな気持ちでスタートを切る日がありますが、私にとっては今日はその日の一つです。研修で東京日帰りの日程ですが、研修が新しいスタートというのは光栄なことです。

昨日は地元町内会の新年会久し振りにじっくり参加した皆さんとお話をする機会になりました。現職を引退した同世代の皆さんとお話が出来たのは得難い収穫でした。あふれるエネルギーを自分の新たな世界づくりに注ぎ込もうという意欲を感じます。

さしあたりは町内会の行事として地元に鎮座する平田神社様の桜の木の下で花見をしようということになりました。なかなか風流(^_^;)まずは肝胆相照らすことから始まろうということです。

人は一人では生きられない、多少の摩擦があってもそれを逆に糧として人生をいろんな意味で楽しむことを考えたいと思います。さて出発の時間が迫りました。行ってまいります。
posted by 渡辺ひろし at 05:52| 日記

2014年01月31日

視察二日目

昨日は終日研修に費やして、夜蕨の宿に到着しました。普通のビジネスホテル朝食付き、朝は飲み物は持ド販売機にあるものは飲み物はフリー、コーヒーあり、スープあり、ホット、コールドどちらもありです。

決して宿泊費が高価なわけで無し、かと言って設備が粗末なわけでなし、日本の豊かさと底力を感じる私です(^^ゞ

資源が極めて少なく、国土も狭い我が国のこの豊かさは営々と築き上げてきた先輩の皆さんの努力の蓄積、一人一人の力は小さく見えてもその積和は巨大になると言うことですね。

さてそうゆう分けで、所属特別委員会が学力向上、教育支援、職業観涵養の体験教育の実際の先進例を視察します。さて出発します。
posted by 渡辺ひろし at 08:25| 日記

2014年01月27日

自治体の役割

新年担って快調に仕事を進めています。健康に恵まれ、行政の皆さんも意欲のある人たちと課題意識を共有しながら仕事の取り組めるのはうれしい限りです。

行政の仕事で民間がやれることは民間に移し、さらに成果という果実を社会にそして市民に還元して行くことが大事と考える立場です。

言い換えれば民間がやらないこと、手が出せないことについてしかも社会運営上必要なことをこそ自治体は取り組むべきでしょう。そのために強大な徴税権を与えられていると思わなければなりません。

残念ながら行政マンの中には‘’財政が厳しい‘’を金科玉条のごとく掲げて思考停止の職員がいるようです。財政の配分は最終的には市長が判断し議会がチェックするのが日本における民主主義の基本になっています。市長を補佐するのが本市でいえば財政局です。

市民生活にに直接関係する原局は貪欲に政策実現に取り組むべきです。政策の当該原局が‘’財政が厳しい‘’ことを理由に自己規制してしまっては委縮した市政になるばかりです。発展どころか現状維持さえも難しいことになると思います。

昨年の仙台市長の年末の挨拶は“チャレンジ”でした。縮み思考の職員それも幹部クラスと久しぶりに出会って念頭から檄を飛ばしました。

さてどれほど理解して頂いたものか、
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2014年01月15日

いじめ

引用開始

中1女子ノートにいじめの記述 山形新幹線にはねられ死亡

 山形県天童市で今月7日、市立中学校1年の女子生徒(12)が山形新幹線にはねられ死亡した事故で、自殺を図ったとみられる女子生徒の自宅から、いじめを受けていたという趣旨を記したノートが見つかっていたことが15日、天童署への取材で分かった。父親はいじめがあったかどうか調査するよう学校に申し入れをした。


 
天童署は、記述の具体的な内容は明らかにしていないが、女子生徒が書いたとみている。女子生徒が通っていた学校によると、学校側はこれまでノートの存在を確認できていないという。

2014/01/15 12:57 【共同通信】

引用終わり
また悲しい「事件」が起きてしましました。各教育委員会でいじめ防止の努力をしているはずなのに、引きも切らずに繰り返し起きるのは何故なのか、不思議でなりません。

仙台の隣り天童市でのことでもあり、まるで他人事とは思えません。仙台市は現在「仙台市いじめ防止基本方針」http://www.city.sendai.jp/kyouiku/k-soudan/pdf/keika.pdfを策定中であり、15日明日までパブリックコメントhttp://www.city.sendai.jp/kyouiku/k-soudan/public.htmlを広く市民に求めております。

いじめは犯罪である、という」冷厳な現実を小学校中学校で十分認識できるまで教育を徹底して行うことが必要であると考えます。学校空間という極めて閉鎖的な空間で教師だけで行うには限界があるのではないか、と思えてなりませんが如何なものでしょうか。

今日、教育長に「他都市のことと思わずに自分のこととして取り組むことが必要ではないか」と伝えました。仙台市の学校でも起きていないとは限らない、天童の中学生のように追いつめられている子がもしかするといるのではないかという切迫感を持って「今」当たらねばならないのではないか、と問いかけました。

教育長はもちろん問題意識は共有できるわけで、今日たまたま予定されている校長会役員会でこの点についてお話をするということでした。

天童市のことはこれから明らかになってくるのでしょうが、善い悪いをきっちりと教育しないと結局「幼い犯罪者」を生み出すことになることを、関係者は心しなければなりません。


posted by 渡辺ひろし at 14:00| 日記

2014年01月14日

どんと祭

仙台恒例のどんと祭が行われました。市内各所にある神社,仏閣ではお正月の飾りあるいは古くなった神道関連の祭器など不要になったものが持ち込まれ御神火でお焚き上げされ、氏子崇敬者はその火にあたって一年間の無病息災を祈ります。

今年も榴ヶ岡天満宮の火入れ式に参列、暫くの間お手伝いをしました。例年通りの人出で見知った方々と年頭の御挨拶を交わすのも楽しみの一つになっています。声をかけたり、かけられたり人ごみの中であちらこちらで御挨拶を交わす姿が見受けられました。

千手観音様、私の自宅の隣に鎮まられている平田神社様何れも毎年ここと決めている崇敬者が家族連れであるいは恋人と一緒にお参りする姿は,日本の伝統が息づいている感じがして何か嬉しい思いになります。

今年一年はどんなことが起きてもおかしくないぐらい不安定要素の多い年の幕開けですが、大難が小難に、小難が平穏に収まることを切に祈る思いです。

Phototastic-2014-01-14-19-42-50 2.jpg
Phototastic-2014-01-14-19-39-40 1.jpg
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2014年01月13日

断捨離

ゆったりとした一日、をと思っていたら書類整理をすることに。積みあがっていた書類を家内が私の前に運び、私が整理をする
、この繰り返しであっという間に作業終了。

貴重な資料と思っても後でみると捨ててもいいものが結構あるんですね。紙一枚裏表を使い切った世代の最後に属する私にとって‘’断捨離‘’は結構難しい作業です。何しろお弁当を食べるときに、ふたの裏に着いた米粒から食べた世代です。

三つ子の魂は百まで、とはよく言ったものです。還暦を過ぎた年齢になって、今日一日、という思いが強くなってきたこの頃です。何時でも、‘’さよなら‘’と言えるように身辺整理を心がけることが必要になってきましたね。‘’断捨離‘’を励行する陽にしましょう今年は。(^_^;)
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2014年01月12日

鏡開き2

朝三時目覚め、起床して日常の準備を終了して朝起き会出席、今日は会長上廣榮治先生の巻頭言の世も合わせ‘’まっすぐ伸びる竹のように‘’でした。竹の節目の意味、竹がすくすく伸びる理由、倫理に関連した説明を受け納得且つ又考えるヒントを頂きました。

早めに終了して終了して、役員の皆さんが準備をして下さったお餅を各種、雑煮とともにお腹一杯頂きました。昨日から今朝早朝にかけて準備をして用意して下さったことに対する感謝で味も格別、今日は良いスタートが出来たと思っています。

仙台市は今日が成人式、七千人を超える程度の新成人が誕生するとのことです。会場の市立体育館には会合の都合で出席できませんが仲間と一緒に良い成人式にして門出を飾って頂きたいと思います。

私もこれから昼にかけて二件お祝いの会に出かけます。その一つは地元榴ヶ岡地区の町内会です。榴ヶ岡天満宮でお祓いを受けて町内会の新年会に臨みお祝いを町内会あげて受けるというのが習わしでしたが何時の間にか簡略化され報告のみになっています。これも少子化の影響です。

自衛隊の成人式でもスピーチで触れ他のですが、成人式を節目として次の目標は結婚、そして家庭を築き子を育て守るべきものをしっかり守る決意で人生に取り組んで頂きたいものです。自分一人で歩むのも人生ですが、守るべきものがある人生は諸課題に気合が違ってくると思うのです。

何れにしても、人生の新たな門出に当たり、新成人がんばれ、、とエールを送ります。それでは私も
出発
posted by 渡辺ひろし at 11:12| 日記

2014年01月11日

極真会館宮城県本部鏡開き

極真会館宮城県本部の恒例の年頭行事鏡開き初練習が開催されました。会場のグランデイサブアリーナには幼児から成人まで百名を超える道場生が参加しました。

一段と大気が冷え込む一日でしたが、道場生は元気いっぱい二時間を短く感じながら指導者の指示に従って基本動作から、組手まで一通りのメニュウーをこなしていました。指導者の皆さんの額に光る汗が、今年にかける並並ならぬ意気込みを感じます。

森代表師範の年頭の挨拶の中で、道場生はあちらこちら気を散らさずに道場での取り組み一つに打ち込んでほしい、一芸に通じるものは万芸に通じる、との指導がありました。同感ですね、私自身のことと受けとりました。余計な雑念は排除、目の前のことに全力で取り組む一日いちにちを積み重ねる一年にしたいと思います。

指導者は道場生の三倍の努力をします、との宣言も師範から発せられました。師範はもちろん、後援会長たる私も入っているわけでこれは並大抵のことでは無いぞ、内心武者震いの思いで話を聞いていました。

努力三倍の課題をどうクリアするか、(^_^;)(・_・;)さて・・・。ことに当たりて景況妄動せず、丹田に力を入れてを整えながら正面から事に当たることで三倍の課題をクリアしたいと考えています。

後援会長として挨拶の中で申し上げましたが、今年一年少しでもステージが上がったと年末に思える充実した年にしたいですね。松が取れる14日まで後三日、気合を入れる良い機会となった鏡開きでした。
posted by 渡辺ひろし at 18:47| 日記

2014年01月10日

自衛隊新成人に幸あれ

今日は自衛隊新成人お祝いの会に出席させて頂きました。仙台駐屯地各所属部隊該当新成人は38人、来賓を含めて関係諸団体の幹部』臨席のもとの成人祝賀会は厳粛な中にも温かいものでした。

同年の中でいち早く社会貢献の道を選択した新成人の未来に幸あれと切に祈ります」。

PhotoWindow_20140110200159.png

posted by 渡辺ひろし at 21:40| 日記
image.jpeg test