仙台市議会議員

渡辺ひろしのブログです。

 
新春のお慶びを申し上げます。
皆様方には新しい年を迎え、
新たな気持ちでご出発をされたことと
拝察いたします。

政権が変わり、日本復興に向けて
国民の期待は高まりつつあります。

このままでは日本はダメになってしまうと
危機意識を募らせていた一人として、
私も日本再建に向けて共に歩んで参りたいと
念願しているところです。

今年一年の国家の弥栄と国民一人ひとりの
お幸せを僭越ながらお祈りいたします。


仙台市議会議員
 渡辺 ひろし

                 
 



政治家は

決断と実行,そして責任

です。

今後も市政一貫を貫きます。

このブログには日常のこと市政に関すること

或は心に浮かぶ由無しごとを書き綴ります

.
詳しくは渡辺ひろしホームページ


30110724天満宮祭典 神輿と青葉blog.jpg


選挙ハガキ 001.jpg


坂下 渡辺ひろし辻立ち (640x378).jpg



速やかな復旧・夢のある復興
そして
未来に生きる子供たちのために
全力投球
お約束いたします
選挙ハガキ.jpg
ブログパーツ時計
議会発言映像

任期満了まで残り
1088日と
5442.00
です

Hiroshi Watanabe | バナーを作成
http://www.facebook.com/hiroshi.watanabe.77770
,
仙台市議会議員 渡辺ひろし 愚直一路 に移行中です。
渡辺ひろし極真会館宮城県本部会長ブログ
仙台市議会議員渡辺ひろし愚直一路

2013年12月26日

ケーススタディ

出歩くと珍しい風景、面白い出来事そして不思議な出会い、発見があります。東京での出来事、どれも地下鉄、JR線車中での出来事でした。お祖母さんとお母さんそして小学校中高学年と思われる男の子ふたり連れの四人。お祖母さんとお母さんは車中に入ると丁度二人分空いた席に座ります。男の子は座らせて、と抗議、お母さんは取り合わず「学校で子供は立つこと、と教わらないの」とたしなめます。男の子は母親と会話をしながら素直に立ち続けていました。かれこれ十数分の乗車で四人家族は下車していきました。この間お祖母さんは一言もなし、お母さんに任せていました。上手くいっているな、この親子関係、そう感じました。
もう一つは、これも同じ年配の若いお母さんと小学校低学年の女の子の二人連れです。車中に入って女の子は早速身のこなし良く空いた席にちょこんと座りました。そして隣に丁度一人分空いていた席にお母さんに座るよう誘います。しかしお母さんは首を横に軽く振って、子供の前に立ち続けました。
車中でのエチケット、と言うか作法の問題です。私にとってどちらも微笑ましく好ましいと感じました。どちらのお母さんも自身の考えがある、感じました。方や言葉で諭し、方や行動で示すという違いはありましたが子供が考える切掛けを与えたように思えます。

結局は事の良し悪しの判断は一筋縄では行かぬもの。大事なことは、モデルを学びながらも、自身が時と場所に応じた適切な判断と行動を取れるかどうかだと思います。
親と子がともに触れ合いながらケーススタディで学んでいくことの大事さを思います。それぞれの親子、別の時には全く逆の行動もありでしょうね。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、

ほめてやらねば、人は動かじ。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記
image.jpeg test