仙台市議会議員

渡辺ひろしのブログです。

 
新春のお慶びを申し上げます。
皆様方には新しい年を迎え、
新たな気持ちでご出発をされたことと
拝察いたします。

政権が変わり、日本復興に向けて
国民の期待は高まりつつあります。

このままでは日本はダメになってしまうと
危機意識を募らせていた一人として、
私も日本再建に向けて共に歩んで参りたいと
念願しているところです。

今年一年の国家の弥栄と国民一人ひとりの
お幸せを僭越ながらお祈りいたします。


仙台市議会議員
 渡辺 ひろし

                 
 



政治家は

決断と実行,そして責任

です。

今後も市政一貫を貫きます。

このブログには日常のこと市政に関すること

或は心に浮かぶ由無しごとを書き綴ります

.
詳しくは渡辺ひろしホームページ


30110724天満宮祭典 神輿と青葉blog.jpg


選挙ハガキ 001.jpg


坂下 渡辺ひろし辻立ち (640x378).jpg



速やかな復旧・夢のある復興
そして
未来に生きる子供たちのために
全力投球
お約束いたします
選挙ハガキ.jpg
ブログパーツ時計
議会発言映像

任期満了まで残り
1088日と
5442.00
です

Hiroshi Watanabe | バナーを作成
http://www.facebook.com/hiroshi.watanabe.77770
,
仙台市議会議員 渡辺ひろし 愚直一路 に移行中です。
渡辺ひろし極真会館宮城県本部会長ブログ
仙台市議会議員渡辺ひろし愚直一路

2013年07月30日

矜持

議会一番乗り、来客準備をして一番初めは子ども未来局子供育成部社会を明るくする運動の推進に関して調査を依頼していた報告を受けるのと≫今後の対応についての意見交換をすのが目的です。

各地区地道な活動をしているのには敬意を表しますが、多彩と言うかバラバラと言うか目的と成果達成に対する戦略が見えないのは予想通りでした。中には力尽きて休止状態に成っているところもあります。理由は高齢化、ここにも持続可能性を意識して来なかった付けがあります。

仙台市の担当者は変わる、継承が行かないために積み上げが行われていないというわけです。一方地域の推進委員会は毎年同じことの繰り返しをして、“やることに意義がある”でで】終わってしまっています。実にもったいない、地域の善意とエネルギーが上手く生かされていないです。他地域との比較が薄いため、競い合うという刺激もないのが現況です。仙台市長が委員長を務める“社会を明るくする運動”、市長自身の問題意識ですね。

総務局長、建設局長と幹部が来室意見交換が出来て有意義でした。市民の代表たる議員と言う立場に対する敬意と一言一句に対する配慮を感じます。それだけに議員自身の自覚、自重と慎みそして責任感が求められるわけです。自重自戒を基本に進まねばなりません。

最近あった公務中の職員の死、殉職職員の顕彰と慰霊をテーマに総務局長と意見交換をしました。公務員の矜持を改めて聞いて、敬意を覚えました。覚悟有る公務員が沢山いることを知り、改めて敬意を覚えます。議会議員の覚悟はいかほどか、自分自身を顧みる機会になりました。議員がいごごち良い議会は、決していい仕事が出来ないでしょう。現在の市議会は果たしてどうなのか、疑問がありますね。なれ合いと言われないように一人ひとり身を慎まねばならないと、自分自身に改めて問いかけました。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記
image.jpeg test