仙台市議会議員

渡辺ひろしのブログです。

 
新春のお慶びを申し上げます。
皆様方には新しい年を迎え、
新たな気持ちでご出発をされたことと
拝察いたします。

政権が変わり、日本復興に向けて
国民の期待は高まりつつあります。

このままでは日本はダメになってしまうと
危機意識を募らせていた一人として、
私も日本再建に向けて共に歩んで参りたいと
念願しているところです。

今年一年の国家の弥栄と国民一人ひとりの
お幸せを僭越ながらお祈りいたします。


仙台市議会議員
 渡辺 ひろし

                 
 



政治家は

決断と実行,そして責任

です。

今後も市政一貫を貫きます。

このブログには日常のこと市政に関すること

或は心に浮かぶ由無しごとを書き綴ります

.
詳しくは渡辺ひろしホームページ


30110724天満宮祭典 神輿と青葉blog.jpg


選挙ハガキ 001.jpg


坂下 渡辺ひろし辻立ち (640x378).jpg



速やかな復旧・夢のある復興
そして
未来に生きる子供たちのために
全力投球
お約束いたします
選挙ハガキ.jpg
ブログパーツ時計
議会発言映像

任期満了まで残り
1088日と
5442.00
です

Hiroshi Watanabe | バナーを作成
http://www.facebook.com/hiroshi.watanabe.77770
,
仙台市議会議員 渡辺ひろし 愚直一路 に移行中です。
渡辺ひろし極真会館宮城県本部会長ブログ
仙台市議会議員渡辺ひろし愚直一路

2013年01月31日

視察二日目

明け方曇っていた京都の空、朝食が終わる頃には輝く日差しが燦々と降り注ぎ絶好の視察日和になりました。時間通り全員揃って出発、浜松市そして静岡県庁、テーマは‘’静岡型特別自治市‘’

権限と財源を持つ県とその委譲を求める政令市との構図、緊張関係に陥るのが普通なのですがそれが起こらずうまくいっているように見えるのです。さてその秘密は、答えは‘’政治家のリーダーシップ‘’でした。それと放すものと求めるものとの間の慎しみと信頼感でしょうか。そして大事なことは、分権の目的は他の誰でもない、県民市民のためなのだという使命感と責任感の自覚。

宮城県と仙台市のリーダー同士の信頼関係、そして何よりもリーダーの見識と志が問われているのです。帰仙の途につき只管考えていました、ふさわしいリーダーを我々は持っているのだろうか。

リーダーになる人は、既得権の代表だけでは済まない時代に既になって久しいことを自覚すべきです。利害を超えて将来を見通す汚れない透徹した目を持っている人が必要です。このままでは、東北そして仙台市は周回遅れ状態を続けることなる恐れがあります。

仙台駅東、息子の迎えを待つ間久しぶりに行きかう人々を観察することが出来ました。建設間近なJR関連施設の工事現場、通過する人々を見ながら思うこと多々。一瞬たりとも留まることのない時間の流の中で政治こそ停滞は許されないもののはず、果たしてその自覚が関係者に有りや否や、さて(^_^;)

posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記
image.jpeg test