仙台市議会議員

渡辺ひろしのブログです。

 
新春のお慶びを申し上げます。
皆様方には新しい年を迎え、
新たな気持ちでご出発をされたことと
拝察いたします。

政権が変わり、日本復興に向けて
国民の期待は高まりつつあります。

このままでは日本はダメになってしまうと
危機意識を募らせていた一人として、
私も日本再建に向けて共に歩んで参りたいと
念願しているところです。

今年一年の国家の弥栄と国民一人ひとりの
お幸せを僭越ながらお祈りいたします。


仙台市議会議員
 渡辺 ひろし

                 
 



政治家は

決断と実行,そして責任

です。

今後も市政一貫を貫きます。

このブログには日常のこと市政に関すること

或は心に浮かぶ由無しごとを書き綴ります

.
詳しくは渡辺ひろしホームページ


30110724天満宮祭典 神輿と青葉blog.jpg


選挙ハガキ 001.jpg


坂下 渡辺ひろし辻立ち (640x378).jpg



速やかな復旧・夢のある復興
そして
未来に生きる子供たちのために
全力投球
お約束いたします
選挙ハガキ.jpg
ブログパーツ時計
議会発言映像

任期満了まで残り
1088日と
5442.00
です

Hiroshi Watanabe | バナーを作成
http://www.facebook.com/hiroshi.watanabe.77770
,
仙台市議会議員 渡辺ひろし 愚直一路 に移行中です。
渡辺ひろし極真会館宮城県本部会長ブログ
仙台市議会議員渡辺ひろし愚直一路

2013年07月31日

何をやりたいのか

八戸市役所訪問、まちづくり条例について調査。八戸市役所は初めての訪問になります。本館別館と清潔かつシンプルなデザインの建物の外観、中に入るとや程よいわらかさのソファーが置いてあって訪れた市民が、用件の前に先ず緊張した心を解きほぐすことが出来そう、ロビーの色調と言いほっとする雰囲気が醸し出されています。

議会事務局の女性職員さんがロビーまでお迎えに来ていただき早速会議室に案内していただきました。外光を十分に取り入れた部屋は、私の緊張した心を解きほぐしてくれます。

議会事務局次長さんからご挨拶を頂き、早速市民協働グループリーダーからマンツウマンの質疑応答形式の調査が始まりました。

まちづくり条例条例発足の発端は、国のモデル事業の指定されたこと受けた市長の問題意識とぴったり合った感じです。現在の市長も総務省出身ともことさすがにまちづくりについては前市長の政策を継承したばかりではなく自分のこととして取り組んでいる様子です。

地方自治体では議会がチェック機能を果たす役割を担ってきました。政策を立案して実行するのは行政の役割と決め付けてしまっているベテラン議員もいます。政策については議会議員は精々市長あるいは幹部に促すだけ、と言うのが仙台市の実態でした。その結果が、周回遅れの行政になっていると思っています。

現在空き家条例を提案すべく議会側が準備を始めていますがこれも周回遅れの例です。政治家どおしの議論が主体にならなければ、遅れはどんどん高進していくことでしょう。

話が飛んでしまいましたが、市長になる人が果たした何をやりたいのかが市民から問われていると出張先で改めて実感しました。今回の市長選挙が盛り上がらないのは、参議院選挙のせいでも、七夕のせいでも何位でもない。市政に期待を持てる何ものかがないからです。

関係者の関係者による関係者の政治になってはいないか、選挙に対して市民の艇長ともいえる反応は無言の抗議である、と思わなければならないのです。

八戸市役所さんには大変お世話になりました。やっぱり訪問して良かったと思います。抱える課題は同じでも、取り組む手段を持っているか否かがその後の対処の在り方に大きな差を生むことになります。その点、仙台市はより真剣に考えるべき時期に来ていると思います。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記
image.jpeg test