仙台市議会議員

渡辺ひろしのブログです。

 
新春のお慶びを申し上げます。
皆様方には新しい年を迎え、
新たな気持ちでご出発をされたことと
拝察いたします。

政権が変わり、日本復興に向けて
国民の期待は高まりつつあります。

このままでは日本はダメになってしまうと
危機意識を募らせていた一人として、
私も日本再建に向けて共に歩んで参りたいと
念願しているところです。

今年一年の国家の弥栄と国民一人ひとりの
お幸せを僭越ながらお祈りいたします。


仙台市議会議員
 渡辺 ひろし

                 
 



政治家は

決断と実行,そして責任

です。

今後も市政一貫を貫きます。

このブログには日常のこと市政に関すること

或は心に浮かぶ由無しごとを書き綴ります

.
詳しくは渡辺ひろしホームページ


30110724天満宮祭典 神輿と青葉blog.jpg


選挙ハガキ 001.jpg


坂下 渡辺ひろし辻立ち (640x378).jpg



速やかな復旧・夢のある復興
そして
未来に生きる子供たちのために
全力投球
お約束いたします
選挙ハガキ.jpg
ブログパーツ時計
議会発言映像

任期満了まで残り
1088日と
5442.00
です

Hiroshi Watanabe | バナーを作成
http://www.facebook.com/hiroshi.watanabe.77770
,
仙台市議会議員 渡辺ひろし 愚直一路 に移行中です。
渡辺ひろし極真会館宮城県本部会長ブログ
仙台市議会議員渡辺ひろし愚直一路

2013年03月24日

生き続けるということ

光陰矢の如し、時の移ろいは正に格言の如くあると感じる一日でした。逝去されて十年、偲ぶ会が開催されました。人に頼られ、人助けを生涯の仕事とし、精進を重ねた方でした。

‘’笑顔と力強い声が今でも思い出される‘’、そう思わせる力をお持ちの方でした。
この世から去って尚個人の心に記憶として残るということ、素晴らしいことと思います。死して尚、人の心に残る、つまり生きているということでしょうか。

個人の旅で京都に宿泊する時、東寺御影堂を訪問することを楽しみにしています。今年も一月末、家内と一緒に早起きをして、東寺に向かいました。

雨模様の寒い朝でしたが、六時前御影堂に参拝する人々が開門を待っていました。毎朝六時から行われる生身供、弘法大師様にお食事を奉仕する大事な行事です。

千年の時をこえて、ご生前と同じにお仕えする心、少し分かってきた感じがします。‘’生きる‘’ということの意味を考える一日になりました。

posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記
image.jpeg test