仙台市議会議員

渡辺ひろしのブログです。

 
新春のお慶びを申し上げます。
皆様方には新しい年を迎え、
新たな気持ちでご出発をされたことと
拝察いたします。

政権が変わり、日本復興に向けて
国民の期待は高まりつつあります。

このままでは日本はダメになってしまうと
危機意識を募らせていた一人として、
私も日本再建に向けて共に歩んで参りたいと
念願しているところです。

今年一年の国家の弥栄と国民一人ひとりの
お幸せを僭越ながらお祈りいたします。


仙台市議会議員
 渡辺 ひろし

                 
 



政治家は

決断と実行,そして責任

です。

今後も市政一貫を貫きます。

このブログには日常のこと市政に関すること

或は心に浮かぶ由無しごとを書き綴ります

.
詳しくは渡辺ひろしホームページ


30110724天満宮祭典 神輿と青葉blog.jpg


選挙ハガキ 001.jpg


坂下 渡辺ひろし辻立ち (640x378).jpg



速やかな復旧・夢のある復興
そして
未来に生きる子供たちのために
全力投球
お約束いたします
選挙ハガキ.jpg
ブログパーツ時計
議会発言映像

任期満了まで残り
1088日と
5442.00
です

Hiroshi Watanabe | バナーを作成
http://www.facebook.com/hiroshi.watanabe.77770
,
仙台市議会議員 渡辺ひろし 愚直一路 に移行中です。
渡辺ひろし極真会館宮城県本部会長ブログ
仙台市議会議員渡辺ひろし愚直一路

2013年02月04日

有り難さに涙こぼるる

早朝四時過ぎ起床、準備を整えて京都近鉄線で東寺に。六時東寺御影堂で毎朝勤められる「生身供」に参列できました。熱心な信者さんが読経の先導を務めます。僧職は一切読経をしません。

僧職は弘法大師様が召し上がるスピードに合わせるように、一の膳、二の膳そしてお茶の順にお供えします。その間約二十分信者さんの読経は続きます。お供えが終わると、弘法大師が持ち帰った仏舎利のお授けが始まります。

信者さんは頭を垂れ、両手を合わせ手のひらを上に向けて、お授けを受ける準備をします。私にとってこれで三回目になるのですが、手と頭に頂くお授けの時に 感じる緊張感に加えて今回は何故か心の底から感動の気持ちが沸き起こり熱いものが込上げて来ました。

帰りの近鉄駅まで、夢見心地、ホームに上がってちょうど待つことなく入線してきた電車に乗ることが出来ました。その後のホテルでの食事、そして出発と全て流れるようにスムースにことが運びました。

京都から伊勢市へ移動し、神宮の内宮参拝の時も、同じ感動を経験しました。境内は大勢の参拝者が次から次と正宮に向かって進みます。玉砂利を踏みしめるサクサクという音が神宮の境内に満ち、ひっきりなしに耳に届きます。

参拝者で混雑する中であっても、心の内は不思議な静けさと落ち着きがあり、そのような状態で参拝できたことは私にとって誠に嬉しいことでした。

西行法師の歌「何事のおわしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる」を実感する参拝ができました。目には見えないけれど存在する大切なもの、その存在を素直に信じる日本人の心の有り様を好ましく誇りに思います。

朝そして昼感じるこの感動は、歳のせいで涙腺が緩んだため、とは思いたくないですね(^_^;)
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記
image.jpeg test