仙台市議会議員

渡辺ひろしのブログです。

 
新春のお慶びを申し上げます。
皆様方には新しい年を迎え、
新たな気持ちでご出発をされたことと
拝察いたします。

政権が変わり、日本復興に向けて
国民の期待は高まりつつあります。

このままでは日本はダメになってしまうと
危機意識を募らせていた一人として、
私も日本再建に向けて共に歩んで参りたいと
念願しているところです。

今年一年の国家の弥栄と国民一人ひとりの
お幸せを僭越ながらお祈りいたします。


仙台市議会議員
 渡辺 ひろし

                 
 



政治家は

決断と実行,そして責任

です。

今後も市政一貫を貫きます。

このブログには日常のこと市政に関すること

或は心に浮かぶ由無しごとを書き綴ります

.
詳しくは渡辺ひろしホームページ


30110724天満宮祭典 神輿と青葉blog.jpg


選挙ハガキ 001.jpg


坂下 渡辺ひろし辻立ち (640x378).jpg



速やかな復旧・夢のある復興
そして
未来に生きる子供たちのために
全力投球
お約束いたします
選挙ハガキ.jpg
ブログパーツ時計
議会発言映像

任期満了まで残り
1088日と
5442.00
です

Hiroshi Watanabe | バナーを作成
http://www.facebook.com/hiroshi.watanabe.77770
,
仙台市議会議員 渡辺ひろし 愚直一路 に移行中です。
渡辺ひろし極真会館宮城県本部会長ブログ
仙台市議会議員渡辺ひろし愚直一路

2013年02月28日

予算等審査特別委員会初日

九時半から打ち合わせ開始、噛み合った議論になるためには、つまり少しでも成果を生むためには議員にとっても担当局にとっても有益なことと思っています。

今日は市長が施政方針で触れている「百六万人市民の総力結集」に関連しての質問。35ある外郭団体の力を発揮させることと、当然仙台市職員の士気を高め行政執行に取り組むことをテーマに十分弱往復二十分の質疑応答でした。

最後に市長の答弁を求めて終了しました。私が提案した幾つかの点について理解を示した答弁でしたので終了。外郭団体は無用のもの、全て廃止し民間に任せるべきという議論はまだあるようですが、今の時代は総力戦で政策課題解決に活かす時代だと思っています。

設立から今日までの時間の積み重ねの結果、多くの経験とノウハウが蓄積されてきているのです。人材も優れた方々が多くいます。チーム仙台で力を合わせて頂きたい、これが私の狙い。後、狙いがもう一つあるのですが、これは内緒にしておきましょう。きっと成果に繋がる、具体的なアイデアがあるんです。(^.^)
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年02月27日

常任委員会

十時、本日の常任委員会の付託議案について打ち合わせ。午後一時、委員会開催。付託された議案、フリーパスはしないことに決めています。ま、良いかは無し。提案理由を改めて質ね、市民にとってメリットは何か、デメリットは無いか、委員会という公の場で一つひとつ丁寧に確認してゆくことは大事だと思っています。

嘗て不燃化防止関連条例を通してから、個人の財産を制限することの確認をしていなかったため、関係市民に多大な迷惑をかけてしまった事例がありました。当時の議員はまだ在籍していますが、気づいていないようです。重大な審議ミスがあったのですが。

付託議案が承認されたあと、議案以外の委員会関連事案で東北電力の電気量値上げ問題で仙台市の対応について不満が噴出しました。と言っても、一人の議長経験者が批判的な意見を述べこれに別の議長経験者が呼応するというスタイル。ほかに同調する委員は無し、が実態です。

市長の行動に対する不満、つまり反対とはっきり言って来い、と言うものです。そう簡単なことではないと私は思っています。電力値上げは確かに好ましいことではありませんが、複雑に様々な事象が絡み合っています。反対王のは簡単ですが、子供の使いを市長にさせるわけにはいかないのではないかと思います。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年02月26日

一般質問登壇

今日は一般質問登壇、持ち時間16分02秒。原稿は15ページ×500字大凡8,000字足らず。久ぶりに読み通してみたら、四分ほど余りました。かなり早口でしたが、これなら大丈夫と臨んだ本番、二分残して無事終了。同僚跡部議員の感想を聞いてホッとしました、早口の違和感は無かったようです。

・仙台市域の土地の有効利用
 
 ・人口減少により残される膨大なインフラ網の維持
 ・都心集中と郊外との人口アンバランス対策
 ・防災センター開発が予定される宮城野原運動公園への取り組み

・市民の安心安全の確保では地域の防犯協会・交通安全協会の育成・暴力団排除条例の制定提案そして新しい都市像策定関連、最後は外郭団体を含めた仙台市職員の士気高揚等など。

丁寧な答弁を頂いたと思います。新しい都市像策定は、当事者である市長の意思次第です。まだ復興途上にある近隣自治体への遠慮があるようですね、それどころではないと。

市役所内部で検討することはできるはずですから、内々でも検討を始めて欲しいと思います。また周回遅れになってしまいます。

就任四年、政治家として色々経験を積み重ねたはずです。アドバイザーとの関係はほどほどにしたほうが良い。実務者は市長、実務経験のない人の話は責任のない話にしか過ぎないのです。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年02月25日

平成25年第一回定例会質問項目 remove

質問項目です。

 

よろしくお願いいたします。

 

渡辺ひろし

posted by 渡辺ひろし at 12:45| 日記

2013年02月23日

種籾祈願祭

種籾祈願祭が催行されました。新嘗祭は収穫感謝祭、原町の地元では新穀感謝祭と呼んで催行しています。ところで種籾祈願祭、神主の祝詞奏上、玉串奉奠、そしてお神酒の拝受さらに直会と簡素ながら神前での神まつりの神事は滞りなく修められました。

昨年は大震災の影響で田植えは出来ませんでしたが、例年通り神事は催行されました。神の前では謙虚な心が連綿と伝わっている美風だと思います。今年は愈々農業再生の年になります。神の前に謙虚、自然に対し慎み深い日本人の心と生命を伝え育んで来たのは農業、これからも伝える役目があります。大事にしなければなりません、コメと農業。

政権が変わって、経済界ばかりでなく社会も明るくなってきた実感があります。午後から出かけた、宮広美の総会でもそんな話をしました。帰りに寄った大型ショッピングコンプレックスでもそう感じました。幾つかにブロックされた広大な駐車場が一杯なんです。空きスペースを探す車、空くのを待つ車が列をなしています。

前政権に所属する議員が‘’何もしていないのに、‘’と吐き捨てるように発言していましたが、期待感を持ってもらうのは政治家として力量、立派な仕事と思います。仕事をしているんですね。

地方政治に求められることも同じなんだと思います。堅実性はもちろんのこと、期待感をどう市民に持っていただくか。優等生のままではできません、批判を恐れず思い切って胸の内を言葉に行動にして欲しいと思います。
エッ、誰に言っているのかって、すべての政治家です、まず自分そして期待を込めて○○さん(#^.^#)
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年02月22日

仙台市議会一般質問一日目

質問項目の絞込み、午前中取り組んで議会に。今日は一般質問の日、7人が登壇しました。実に他項目、多岐にわたっての質問に当局は大変です。

ICT、支倉常長、地域防災計画、SNS活用の広報、適正な土地利用、青少年の健全育成、認知症、動物愛護、農業の活性化、市民協働、動物園、パンダ導入ここでヤジ‘’パンダは来ないよ〜‘’震災復興関連が続き、天文台、精神疾患関連等など

これで今週は終了、来週も一般質問二日目が行われます。本会議終了後、持参した弁当を開けて打ち合わせに備えます。帰宅は、八時過ぎ。議会でランプは残り一つ。議会職員さんは、まだまだ残って次の会議に備えます、最敬礼。よろしくお願いします。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年02月21日

本会議再開初日

三会派の代表質疑、提案された議案について会派を代表して質問して問題点あるいは不明の点を質すのが質疑ということになっています。但し、市政全般に掛かることも質疑して良いことになっています。というところで、各代表漏れなく、奥山市長の次期市長選についての意思を確認するための誘いかけをするのですが、市長は答えず、不発に終わりました。

出馬することは、確実なんですがね、誰が見ても。市長答弁は、今の仕事に取り組むの一点張りで終わり。復興計画5年の今年は折り返し点、市長としてもやり遂げたいと思って当然です。

出馬の可能性を質すよりも実効ある復興の実現を迫るのが一番だと私は思います。応急仮設住宅に仮住まいしている方々の不安は高まっています。根本的な問題の解決は未だ行われていないのですから。二重ローン問題、移転先の確保のための資金調達問題、さてどうする。


posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年02月20日

仙台市議会本会議代表質疑一日目

Facebook転載

今日の言葉

私たちは子供たちの命を預かっているわけです。
毎日が真剣勝負ですし、「まあ、いいかな」と妥協することはできません
…………………
佐々木十美(管理栄養士)致知誌から
晴れ晴れ晴れ

今日から仙台市議会休会明け(^_^)
復興を加速し、明日への布石をする大事な議会です。一日いちにち全力で取り組みます。
まあ良いか、は許されません(-。-;
posted by 渡辺ひろし at 10:15| 日記

漫画カメラ使ってみました。

image.jpeg


何時も有難うございます。
漫画カメラで松島馬放島写真加工してみました。
さすが日本三景、キラキラ耀きました。(^_^)
渡辺ひろし 仙台市議会議員
アイホンから
posted by 渡辺ひろし at 08:15| 日記

2013年02月19日

会派勉強会

今日は会派勉強会、‘’透明性の元いかに有意義な議員活動するか‘’がテーマです。‘’議員は悪‘’と言う入口から政治活動を見る方々がいます、残念ながら。議員側にも問題が無いわけではないのでこんなことになる現実もあります、残念ながら。

現在、議会は平成20年度分政務調査費について私的オンブヅマンと係争中です。一ヶ月に一回のペースで審理が進められ結審の見込みはまだつかないようです。市民の福利の向上がすべての人々の願いであり目標ですから、この点で意見交換が出来ると良いのですが、残念ですね。

’仙板‘総会懇親会終了、懇親会三時間、盛り上がりました。昨年は議会と重なって出席できず。今年は、最後までお付き合い出来ました。建設業の一翼を担う団体です。今年は明るいですね、ここにもアベノミックスのもたらす光明が差し込み明るさが感じられました。

これからが正念場、是非デフレ脱却本来してあるべき成長軌道に乗せたい思いです。大方の国民の願いではないか、そう思います。



posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年02月18日

現地調査敢行

懸案になっている仙台市消防ヘリポート候補地の実地調査をしました。選定作業中、行政内部からリークされ仙台市議会で議論が巻き起こった曰く付きのものです。行政のどこからリークされたのか、仙台市宮城県の共同作業ですのでどちらかということになりますが、情報管理という点で問題がります。

騒音とか飛行の安全性とか市民県民に関わる問題だけに報道する側も含めて今後考慮すべきことがあるのではないかと考えています。

まずこの件はさて置き、現場を踏んでよかったというのが感想の第一です。候補地そしてその周辺の現況、候補地に対するアクセス等いろいろな点で検討を深めていく情報が集まりました。

消防当局の説明も現地で行われると説得力があるものですね(^.^)

posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年02月17日

広報公聴

小品盆栽宮城県支部総会懇親会そして日本料理研究会総会懇親会、昼を挟んで両会合じっくりと時間をかけて出席。久しぶりに会う皆さん、意見交換をしてきました。仙台市政に関わること、国政に関わること参加者の皆さんの関心事は多岐に渡ります。

パンダ誘致、水族館建設そして市長の今後の動向、市民の皆さんは日常の忙しさの中でも市政に関しての関心は高いものがあります。市民の代表の立場の議員にとって、各種会合は貴重な広報公聴の場となります。

改めて場所を作って、さあどうぞということも大切ですが、各種団体の場を借りての市民公聴は実際効果的なものです。ごく一部の人たちの誤解が解けるといいのですが、さて。

広報公聴の仕方はもっと多様であっていいと思うのですが、少なくとも裁判で決めるべきものではないと思っています。共に仙台市政の発展を願い寄って市民の幸せを望むのであれば、やり方は違ってくると思うのです。疑いからではなく、信頼感から始めたいものです。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年02月16日

仙台に水族館

仙台市域内に水族館が建設されることが明らかになりました。

引用始め

仙台市内に東北最大級の水族館を 三井物産など6社が建設、2年後開業へ
2013.2.15 18:19 
 三井物産は15日、横浜・八景島シーパラダイスなどを運営する横浜八景島や地元企業との6社共同で新会社を設立し、宮城県仙台市に東北最大級の水族館を作ると発表した。総事業費は約65億円で、2015年の開業を目指す。被災地復興のシンボルとして、三陸の豊かな海をアピールする新たな観光名所に育てる。

 新会社「仙台水族館開発」の資本金は2500万円で月内に設立する。三井物産が47.6%を出資。残りをカメイ、横浜八景島、ユアテック、河北新報社、仙台三越が出資する。

 横浜八景島が新会社から賃貸する形で運営し、初年度約130万人の来場を見込む。

 三井物産が水族館事業に参画するのは初。プロジェクト全体の管理に加え、飲食や物販、一定エリアを企業に貸し出し、エンターテインメント性も高める。今後、宮城野区高砂中央公園整備地の一部を借り受けることで関係機関と協議するほか、老朽化が進むマリンピア松島水族館の飼育魚類や飼育員らを迎え入れることも検討している。

msn 産経ニュース

引用終わり

嘗て仙台市は出資までして水族館を建設する動きに同調した時期があります。当時の水族館建設の中心企業が資金調達に失敗してしましました。

結局仙台市が議会に出資の議決まで求めて進めようとした水族館建設が急遽取りやめになったということがありました。土地利用の変更までして準備した事業でしたが、泰山鳴動・・・ネズミも出ない。水族館建設に対して総括も反省もなく、次に出たのがアンパンマンミュージアム。これも地元が事前に説明なく決まったしまってから理解して欲しいというやり方でした。
寝耳に水の人たちが反発するのは当然で、怒りの反対運動が勃発、大騒ぎになりました。

思いつき、その場限り(ーー;)と言われtも反論しようのないドタバタです。そもそも責任の取りようのない立場の人が決めるわけですから、政治不在の典型です。

今回の水族館建設に関わる一連の動きに対して仙台市長はとても慎重であったと思います。これで良いのです、私的にはそう思います。奥山市長は政治家として多くの学びをされたんではないか、そう思います。

‘’議会は第二の市役所‘’そう言われないようにしなければなりません。議会は単なる追認機関ではないのです。問題が起きる前に、きちんと審査し対応で来る体制が必要です。議員一人ひとりが身を挺してまで物ごとに取り組む覚悟が求められるのです。

付け加えて言えば、仙台市政のすべてのことに責任が取れるのは、有権者によって選挙で選ばれた政治家のみなのです。その政治家が市長であり、議会の議員であるのです。

これも云うまでもない事ですが、仙台市行政のトップを務める市長が唯一の政治家であり、それ以外は補助員に過ぎないのです。三権分立の日本の制度がよく理解されていない、自治体の議会議員を務めてそう感じるようになりました。

政治がダメだと嘆く前に、有権者自らが自らに主権者意識の覚醒をさせること求められると思います。

posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年02月15日

行政のお仕事

議会でお客を迎へ、陳情処理。担当部局とすぐ連絡を取り、対応して頂くことになりました。仙台市の行政スタッフは優秀です。時は金などでは贖えないほど貴重であることを知る人が増えてきた感じです。

久しぶりに公認会計士の友人を訪ね懇談、話が弾みました。気がつけば何と時間は三時間近くも経っていました。確か用事を持っていたはずなのですが、‘’大丈夫?‘’と確認しながら私も問題提起をしながら話は飽くこと無くそして淀みなく、疲れないから不思議です。

毎年変わる税制、納税者に分かりにくい税制が更に分かり難く改変され、税務担当者さえ戸惑う猫の目行政、制度改変による‘’士業‘’界の様変わりの様子など興味深いこと満載。実際我々の生活に密接なだけについつい身を乗り出して聞き耳を立て頷くこと頻りです。

自治体の徴税に関しても、納税者の立場での幾つかのアイデアを頂きました。徴税する立場、納税する立場での意見交換必要ですね。徴税する側は納税者に理解を求める努力をしているわけですから、その実効を上げるためにも工夫をして欲しいと思います。

議会でも話題にしてきた水族館いよいよ実現に向けて一歩踏み込んできたようです。結構なことだと思います。仙台港背後地の既設のモールとの相乗効果、素人ながら期待できると思います。出来れば、アンパンマンもここだったら良かったのですが、時期すでに遅し。

アンパンマンについては、決定までの大事な期間、議席を離れていたのが残念でした。しかしこれからまだまだやれることがあると思っています。相乗効果を考えれば、ベストの立地は何処なのか検討される時期が来るのではないかと思っています。

この手の施設計画は経験不足、責任の取りようのない行政マンが思いつきでやる仕事ではないと思います。この点奥山市長の水族館に対する取り組みの慎重さは評価されるべきものだと思います。

仙台市はどうも勘違いをしている行政マンが生まれる風土があるようです。大きな過ちが起こる前に政治が責任を明確にしてことをすすめる体制を作るべきです。意外に奥山市長がその先鞭を付けることになりかもしれません。

市長に期待します。(^.^)
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年02月14日

仙台市議会招集日そしてバレンタイン

議会招集日、会派控え室で準備をしていると部屋にお客様、何と市長が姿を見せました。手には包が、(*´v`)σ*バレンタインデーハート(トランプ)(´v`*)と招集日が重なったと言うことでチョコレートのプレゼントを持参されたのでした。

恐らく仙台市議会開設以来の出来事ではないか、会派で会話が弾みます。事情通うが早速チョコレートの品定め、上の上ではなく、上の中でもなくそれに近いクラスだそうです。選択も市長の人柄を表し優等生的ですね。

さてチョコレートの味は、始めはほろ苦くそして甘く微かに余韻を残す、そんな感じ。瞬く間にチョコレートは無くなりました。議会開会日、甘いチョコレートの先制攻撃に陣営総崩れにならないように心しなければ(^.^)

復興と明日への布石という意味を持つ予算議会しっかり取り組みます。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年02月13日

ネットサーフィン

江戸千家お茶の稽古日、久しぶりに出席予定でいたところメイルでお休みのお知らせ、先生が発熱とのこと。議会召集日を明日に臨み、議会準備に終日取り組むことに。

毎日チェックしているニュース、ブログを訪問しているうちに面白い記事にであってそのままリンクに従ってネットサーフィンを始めそのまま次から次にと留まるところを知らずの状態に。

まことに膨大な情報がネット世界にあるのですね、改めて感じました。また実に多くの論説がネットに載せられているのです。既製メデイアでは報道されない事実がそして現実が、それぞれ直面している人々が自らの感覚でネットに載せています。かなり頻繁に秀逸な記事に出会います。

真贋を見極めるリテラシイが必要なのは言うまでもないことです。ただ漫然とネットに向かうのではなく、自分自身の問題意識を持ってネットに流れる情報に接することが真贋を見分けるポイントではないかと感じています。

ネットニュースで流される一つひとつが翌日の朝刊のヘッドラインになっていることがもう日常です。毎朝朝刊を見ると‘’もう知っている‘’という項目が一面二面に並びます。

新聞の仕事は‘’ニュース‘’から‘’分析に‘’‘’解説‘’にと移って来ているのでしょうか。秀逸な解説が数多あるネットの世界、既存メデイアの質の向上と水準の維持が望まれます。


posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年02月12日

人生エクサイテイング

調査特別委員会無事終了、これまでの審査を振り返り確認し委員同じラインに立って明日に向かって審査を進めました。先に行った一泊二日の調査は委員会として共通認識を持ついい機会になったと思います。仙台は何を為すべきかに議論はフォーカスされて行くと思います。これからの議論が楽しみです。

次回は参考人をお招きして更に議論を深めて行くことになりました。参考人は私たち委員長副委員長に一任されました。勿論無条件ではありません、そこは各人政治家、数人から意見開陳がありました。

政令市の視点ばかりではなく、中核都市、県庁所在都市など多角的視点で話ができる参考人を選定することになるでしょう。委員会当初は五里霧中の感があったのですが、ここに来て光明が差してきた感があります。委員会の任期も後半年、面白くなって来ました。
posted by 渡辺ひろし at 21:37| 日記

調査特別委員会開催日

今日は仙台市議会権限と財源調査特別委員会開催日です。委員会が設置そして調査活動を始めて14ヶ月あまりになります。これからまとめを念頭に議論が深化してゆくことになります。楽しみです。さてその前に、健康診断これから出発します。

昨日は建国記念日、友人の会社の90周年記念祝賀会、榴岡天満宮建国記念祈願祭そして懇談と終日多くの人々と会う機会がありました。周年祝賀会には地元有名企業そして地元大手大手金融機関の幹部が出席していました。話題は景況ですね、当然。

経営者の皆さんの顔つきが昨年から、特に新年会では明るくなった、という話題にみなさん頷いていました。内閣支持率が高水準を維持しながら上り調子です。経済人を含めた国民の多方が交換と期待を持って現政府の政策と行動を支持しているということですか。

前政権の幹部が、まだ安倍内閣は何もしていない、と否定的な話をしていましたがそれは間違いですね。余りにひどい民主党政権と違って明確にビジョンを示し覚悟を見せたということが好感を得ているのです。これも立派な政治の仕事です。

テーブルで金融機関幹部が景気は‘’気‘’ですと言っていましたが、政治家が不退転のやる気、を示すことまず大事なことです。その気を敏感に我々は感じ判断するんですね、本物かどうか。

選挙も話題になりましたが、身近な割には盛り上がらなかったですね、身近なだけに利害が絡んだ微妙な話題だからでしょうか。良い悪いも含めた談論風発が起こればいいと思うのでうが。現状維持では良くならないと思うのですが、周回遅れにならない事を願うのみ。

関西の広域連合にしろ、静岡県の県と政令市の連携にしろ政治家の問題意識そして危機意識が半端じゃないと思います。それが実際の行動に現れているのです。我々はまなぶこと大、手をつけるのが遅すぎです(ーー;)ごまめの歯ぎしりでも何時かは泰山鳴動に繋がることを願って、さて出発します。
posted by 渡辺ひろし at 07:32| 日記

2013年02月11日

建国記念日

晴れ晴れ今日は建国記念日、仙台は青空です。玄関前に国旗を掲揚し、隣の神社に対して拝礼、一日のスタートをしました。計量協会会長の会社の祝賀行事、そして榴岡天満宮建国祭に出席します。

国難が日本を取り巻いています、国民も危機感を持ってきていると思います。まさにいま日本人は火宅の人なのです。幸い某国は、己が知らずして日本国民を目覚めさせてくれました。

平和は命がけで勝ち取り維持するものという当然と思うことがこの国では異端とされ、話すことさえタブーとされてきました。平和は唱えていれば誰かがプレゼントしてくれるものと何故か信じ込み、思考停止状態が続きました。

国難をもたらしたのは、我々日本人の自業自得の面が多々ありますが、力で不法がまかり通ると信じている某国のおかげで日本再生の好機がもたらされました。

日本人一人一人の精神の覚醒の総和が、大難を小難にし結果平和を確保することに繋がると信じます。国境の最前線で国難をもたらす最悪の国家と命懸けで対峙している多くの同胞に感謝の誠を捧げます。

後顧に憂い無きよう準備するのが私たちの役目でアリ責任です。時間を惜しみましょう。
posted by 渡辺ひろし at 10:23| 日記

2013年02月09日

縁の下の力持ち

教育支援メニュフェアーが開催されました。主催団体学びの杜伊勢代表から案内を頂き訪問してきました。31団体のブースがあり駆け足でしたが、一通りコーナー巡ることができました。大学、企業そしてNPO組織団体の性格は異なりますが、‘’社会を学ぶ入口‘’を提供していると思います。

ここでも、‘’持ち出し‘’覚悟で頑張っている人々の献身と奉仕の姿を見ました。教育現場でプロとして働く教師が何れ程関心を持ち、活動を理解しているのか関心があります。教師の‘’非常識‘’を時々感じることがあります。

悪い人たちではないんです、少なくても平均以上の学力を持ち、いい子で育ってきた謂わば普遍的な知識の所有者が長い教師社会に住むうちに‘’非常識‘’になってしまっている恐れがあります。

教師自身が常に社会と交流する努力をするとともに、教師社会全体がその必要を感じ環境を整える努力をすべきなんではと思います。

教育委員会は行政委員会です。独立性があるわけですが、注意しないと独立性がもたらすプラスよりマイナスの作用が優って結果、社会の風が入らない環境が出来上がってはいないか、知らず安住しているのでは無いかと危惧します。

仙台市内にある教育資源をどう活かして結果を出すか、総点検をしなければならないと思います。会場には教育委員会学びの連携室長藤森室長が視察をしていて声をかけてくれました。室長は謂わば学力向上の要の人、期待しています。



posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記
image.jpeg test