仙台市議会議員

渡辺ひろしのブログです。

 
新春のお慶びを申し上げます。
皆様方には新しい年を迎え、
新たな気持ちでご出発をされたことと
拝察いたします。

政権が変わり、日本復興に向けて
国民の期待は高まりつつあります。

このままでは日本はダメになってしまうと
危機意識を募らせていた一人として、
私も日本再建に向けて共に歩んで参りたいと
念願しているところです。

今年一年の国家の弥栄と国民一人ひとりの
お幸せを僭越ながらお祈りいたします。


仙台市議会議員
 渡辺 ひろし

                 
 



政治家は

決断と実行,そして責任

です。

今後も市政一貫を貫きます。

このブログには日常のこと市政に関すること

或は心に浮かぶ由無しごとを書き綴ります

.
詳しくは渡辺ひろしホームページ


30110724天満宮祭典 神輿と青葉blog.jpg


選挙ハガキ 001.jpg


坂下 渡辺ひろし辻立ち (640x378).jpg



速やかな復旧・夢のある復興
そして
未来に生きる子供たちのために
全力投球
お約束いたします
選挙ハガキ.jpg
ブログパーツ時計
議会発言映像

任期満了まで残り
1088日と
5442.00
です

Hiroshi Watanabe | バナーを作成
http://www.facebook.com/hiroshi.watanabe.77770
,
仙台市議会議員 渡辺ひろし 愚直一路 に移行中です。
渡辺ひろし極真会館宮城県本部会長ブログ
仙台市議会議員渡辺ひろし愚直一路

2013年01月21日

常任委員会開催

十時過ぎ議会到着、消防局から質問取材24年度の消防局関係の統計速報値救急活動について質問する予定でした。山形市内で、山形大学の学生が119番出動要請を電話でしながら、‘’受けられず‘’死に至るケースがありました。

私は過度な出動自粛要請は本末転倒と思っています。‘’軽症者は遠慮してという‘’メッセージは本来サービスを受けるべき人が遠慮して自粛してしまい、新たな問題を起こします。現に昨年私の周りで二件立て続けに起こりました。自力で病院を訪ねタライ回しになったのです。

仙台市消防は遠慮なく利用するよう、議会答弁で市民に訴えていますが、今回の質問はその確認です。浸水被害があった宮城野区白鳥地区の建築制限もしなくて済むことになりました。この件でも、市民の被る不利益の有無の確認もしました。

市債の発行の仕組みと今後の傾向についても、数点の視点で質問確認をしました。市債は仙台市の不足する財源確保のための有効な手段です。公的な機関からの調達から民間市場からの調達にうウェイトが移りつつあります。

市債発行も許可制から協議そして事前届出制へと自治体の自己責任を求める方向に進んでいます。‘’不足財源はどうするのか?‘’とお伺い質問をするのが当然という風潮から、斯くあったらどうか、という質問にならなけれべ議会は置いてきぼりになるばかりです。

六時過ぎ会派を出て帰路に。今日はこれで御仕舞にします。
posted by 渡辺ひろし at 19:27| 日記
image.jpeg test