仙台市議会議員

渡辺ひろしのブログです。

 
新春のお慶びを申し上げます。
皆様方には新しい年を迎え、
新たな気持ちでご出発をされたことと
拝察いたします。

政権が変わり、日本復興に向けて
国民の期待は高まりつつあります。

このままでは日本はダメになってしまうと
危機意識を募らせていた一人として、
私も日本再建に向けて共に歩んで参りたいと
念願しているところです。

今年一年の国家の弥栄と国民一人ひとりの
お幸せを僭越ながらお祈りいたします。


仙台市議会議員
 渡辺 ひろし

                 
 



政治家は

決断と実行,そして責任

です。

今後も市政一貫を貫きます。

このブログには日常のこと市政に関すること

或は心に浮かぶ由無しごとを書き綴ります

.
詳しくは渡辺ひろしホームページ


30110724天満宮祭典 神輿と青葉blog.jpg


選挙ハガキ 001.jpg


坂下 渡辺ひろし辻立ち (640x378).jpg



速やかな復旧・夢のある復興
そして
未来に生きる子供たちのために
全力投球
お約束いたします
選挙ハガキ.jpg
ブログパーツ時計
議会発言映像

任期満了まで残り
1088日と
5442.00
です

Hiroshi Watanabe | バナーを作成
http://www.facebook.com/hiroshi.watanabe.77770
,
仙台市議会議員 渡辺ひろし 愚直一路 に移行中です。
渡辺ひろし極真会館宮城県本部会長ブログ
仙台市議会議員渡辺ひろし愚直一路

2013年01月13日

新年交歓会第二次ピーク

十時から電力ホール、滝本耕平イン仙台オープニング、鏡開きとご挨拶。会場は開幕早々にも拘らず超満員、立ち見も出るほどです。滝本耕平さん、出身地は海岸部、実家郷里が被災したにもかかわらず被災者の慰問そして全国的な活動も続けるという頑張り屋さんです。三波春夫さんのリメイク版‘’仙台音頭‘’静かに着実にブームになっています。

昼に同時集中するのは毎年のこと嬉しいことです。11時半榴岡町内会、そして12時建設色組合新春交換会さてと思案の結果、12時定刻出席そして11時半遅れて参加、家内に定刻出席をお願いしてオートバイで仙台中心部を駆け抜けました。

榴岡町内会に参加できたのは、コーヒーサービスの時間間に合いました。皆さん喜んで下さいました。生まれ育った町内会、皆さんに支えられての市議会議員としての仕事だけに励ましは嬉しい力の源泉です。

建設職組合では仙台市建設色組合組合長が出席、同組合の健保事務局長と意見交換、貴重な話ができました。‘’ものづくり‘’大切にしなければなりません。昨年は、金沢市。富山県高岡市を視察してきました。いずれも苦労はありながら、着実に‘’継続と前進‘’の努力をしていました。学ぶこと大、行政と連携しながら仙台市も取り組んでいかねばなりませんね。

posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年01月12日

談論風発

夕方から、O町内会役員会そして新年会参加。正月の月の恒例になっています。年の初め、忌憚のない意見を交え合う(忌憚無いとは言えお互い尊重しあっての話は当然ですが。)

仙台市政と宮城県政との関係について、疑問を持っている方がいるのですね、‘’仲が悪い‘’ことを前提に政治行政を読み解こうとする傾向があります。両自治体の長トップ心すべきことです。

本当に仲が悪いにでしょうかね、‘’忌憚のない‘’話し合いがどのようにこなわれているのか調べる必要があると思っています。仙台市が目指す‘’特別自治市‘’政令市長会を代表して政府に提案した奥山市長がお膝元の知事に話した形跡はありません、少なくとも表に出てこない(かつて某副市長に確認しましたが、無いようですね。)知事から‘’ご下問‘’があったとも聞いていません。変ですね(^_^;)

宮城県は仙台市行政に無関心を装い、仙台市は宮城県に注文が幾つもあるのですが、踏み込んだ話をしていません。ここが大きな課題です。先の大震災で、県が窓口のため仙台市の復旧が停滞した(やれる力があるのに勿体無し、と浪人の私などは地団駄踏んでいましたが)この件についても、宮城県と仙台市,両被災自治体が話し合って改善を政府に求めることがあってもいいのですが、それも無し(^_^;)

本当に県と市は仲が悪いんですね、と思われても仕方なしか。県知事の評価について意見を求められました、政治家としての立場で‘’ちょっと辛口‘’の評価を開陳しました、知事に期待すればこそです。その辛口部分に頷いていただけたのは、良かったのか悪かったのか、知事ご油断めさるな「得意淡然・失意泰然」ですぞ。

電報替わりの祝詞を認めて、勝山館、パレス平安までお届け、電報配達です。どちらも正月の華やかさ溢れ賑わっていました。浪人時代からの電報代節約、定着してきました(^.^)
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年01月11日

悪法個人情報保護法その2

四時起床、大気温度ー2度Cの表示ですが風が吹いており体感温度はもっと低い感じです。河北一面‘’要支援者、手上げ方式‘’の見出し。個人情報保護法の影響で名簿を公表できないための苦肉の策。昨日、社会福祉協議会の職員とやり取りしたばかり。

このままでは、手を上げない人は支援を受けられないことになってしまうのですが、当事者の覚悟と危機感が伝わってこない。この法律の作り方が全く現実にあっていないのが原因と私は考えています。行政もどこかで割り切りをしなければならないことに、そうでないと後で責任を問われることになります。仮に訴訟になったら、対象は市長になると思うのですが、市長の覚悟はいかに(^_^;)

さて時間です、出発。
posted by 渡辺ひろし at 04:59| 日記

2013年01月10日

高揚感

厳しい寒さの一日でした。別棟にある事務所、FAX送信で何度か往復するのですが部屋で過ごす本の数分ですっかり冷えてしまいます。今年の寒さによる冷え込みは、半端じゃないですね。

夕方から某団体の新年会に出席、例年通りバンクエットを用意しての華やかな会になりました。自民党支援団体で自民党にとって冬の時代のこの三年間、浪人中の元議員を新年会にあるいは総会に迎えていて今回の新年会は現職返り咲きの自民党議員本人出席もありいっそう華やかさが増した感じです。

来賓挨拶もこれからの経済政策その効果を期待することを基調に高揚感あふれるものになっていました。結構なことですね、がしかしまだ政策は何一つ打ってはいないわけで、期待感が先導しているのは周知のこと、万が一の時の反動が返って怖いくらいですね。

後のない状況であることは変わっていないわけで、‘’果敢に取り組む‘’は良いのですが着実に経済浮揚策に取り組んで欲しいものです。会を途中退席し会場から仙台駅を通り抜けヨドバシに、で店員さんに幾つか確認をして帰途に着きました。

路上で声を声をかけられ、振り返ると男子女子青年三人がが自転車を引きながら心細そうに佇んでいました。ベトナムから仙台に学びに来た留学生、三条町の宿舎までの帰路を見失って私に声をかけたという次第のようです。

英語はダメ、わずかに知っている日本語で女子青年二人をガードしながら道を尋ねる真剣な青年の姿に驚きつつも感動、帰路を変更して45号線まで出て仙台市役所への道を案内しました。。中古の自転車を手に入れるため、三条町から出かけてきたのですね。

異郷の地の暗がりを帰路につく三人の後ろ姿を交差点で信号を待ちながら見送りました。あとは遠慮せず訪ねなさいとは言ったものの心配ですね。大丈夫かな、名刺を渡すんだったと気づいても後の祭り。

次代を担う青年たちが、学びのために波濤を越えて来日しているのですね、改めてその情熱に触れた思いです。日本青年も頑張っているとは思いますが、日本人そして日本社会の生ぬるさに危機を感じるものとしてベトナム青年の短い道行きは感じること大ですね。

高揚感に酔って、道を誤ることのないよう心して行かねばと思います。

posted by 渡辺ひろし at 22:29| 日記

2013年01月09日

不自由な社会

凍てついた朝、路上は凍結状態。午前中町内用足し。夕方は地元連合町内会定例会及び新年懇談会。定例会では震災時要援護者の確認と支援のありかたについて、借り上げ仮設住宅に避難している被災者との接触の仕方について議論が沸騰。手伝いたいけど把握ができないことについて、結論が出ない議論になってしまします。

皆さん嫌というほどその原因を分かっているのですが、一向に解決できないのです。そう、個人情報保護法の存在です。名簿開示を了解した人だけを対象にするだけでいいのか、他の方々は埒外でいいのか、とても深刻な問題があります。

名簿を悪用する一部の人間の所業が法律の制定につながったと思うと残念でなりません。悪用するものを罰する方向に行けばこのような不自由な社会になることはなかった、と思います。関係団体の中でさえ名簿が作れない状況が生まれています。PTAの連絡網が作れないという現実はかなり前から問題視されています。

主に農耕社会に起因する日本文化がこの法律一本で見事に壊れてきていると思うのは私だけでしょうか。このままですと日本の国家の根底から崩れてしまう危惧を持ちますね。個人情報保護法の現実的な視点での見直しが必要です。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年01月08日

先輩を送る

三時半起床、今朝は実践倫理宏正会仙台支部昇格三十周年記念朝起き会に出席、粉雪が次第に濃くなり始める中上杉の倫理会館まで車を走らせました。共生の理想を掲げ、利他主義で人生を共に学びながら歩んできた会友の皆さんにはそれぞれの人生を精一杯歩んできた積み重ねがあります。演壇に立つ一人ひとりのお話は、人生を幾つも歩まなければわからないヒントが沢山、あっと行く間の一時間です、出席して良かった(^.^)実感です。

外の出ると積雪、会場に入るまでは濡れた状態の道路も所々圧雪状態になっていました。今日は、享年91歳で逝かれた大先輩の告別式です。後援会会長も務めていただきました。仙台市職員として誠実に勤めあげ、退職後は町内会長としてまた趣味の会の会長として社会貢献を果たされました。寡黙な方でしたが、行動は素早く確実、万言を尽くすことより勝る行動で期待に応えられました。

喪主を務められたお嬢さんが挨拶で、触れ合って下さった方々によって故人の人生に彩りを添えて頂きありがとうございます、と述べられたとき思わず涙が・・・無償の献身で如何に私は助けて頂いたことか、心から感謝を申し上げます。

気持ちを整え議会に、会派簡易長と懇談思いつくままに意見と提案をしてお別れして教育局に。教育長と懇談一時間あまり、当初は挨拶だけのつもりが意見開陳、持論展開で長くなってしましました。手応え十分、2月に始まる第一回定例会が楽しみです。

経済局農林部長と打ち合わせ、私に課題意識に応えてくれる資料の用意をしてもらうことになりました。会派に戻り、バイクを駆って仙台市市立病院まで、病院管理者が迎えてくれました。代替医療を中心に持論を聞いていただき、意見交換ができました。26年夏には新病院がオープンします。患者本位の医療が行われるようしっかり意見を言っていきたいとお考えています。

気がつけば日がとっぷりと暮れて、退社ラッシュの交通混雑の中バイクを走らせました。厳しい寒さではありますが、充実感で心は温か。六時過ぎ帰宅、今日はこれまで。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年01月07日

七草 本格始動

四時起床、厳しい寒さです。準備を終えて、玄関口に新聞を取りにでるとたちまち冷え切った大気が体を包み、まるで氷のマントで包み込まれる感じです。今日も気合を入れて、目の前のことに全力を尽くしましょう。そういえば、昨晩の会合で、町内会長さんたちから‘’ゆっくりゆっくりと‘’アドバイスを頂いたばかり、‘’マイペース‘’も心掛けてまいりましょう。さて時間です、出発(^.^)
posted by 渡辺ひろし at 04:59| 日記

2013年01月06日

鏡開き 出染め

極真会館宮城県本部鏡開きが利府町グランディで開催されました。小学校低学年から一般まで、暖房なしの体育館に集い力強い第一歩を踏み出しました。面構え、良いですね、成長が楽しみです。観覧席から子供たちの一挙手一投足を固唾を呑んで見守るご父兄にもご挨拶をいたしました。

挨拶の趣旨は‘’家族愛、自立、コミュニケーションそして自然に生かされているという認識を持って謙虚な心の涵養‘’を中心に手塚グループ、極真会館宮城県本部の目指すものについて確認と共有です。‘’強いだけのアニマル‘’養成は目的ではありません。師範の力強い挨拶をお聞きして、次の会場へ。

実践倫理宏正会仙台支部の新年会、乾杯のお役を頂いている関係で遅れる訳にはいきません。11時開会五分前に到着、間に合って良かった。もちろん安全運転です。利府町から仙台駅東口までの行程、急がば回れを実感しました。

途中退席してMOAの新年懇談会に顔を出し挨拶、宮城県鍼灸アンママッサージ師会、宮城野、原町分団新年懇談会に出席して乾杯の音頭、切れ目なく走り続けた一日でした。

新年を迎えて皆さんやる気満々ですね、大震災発災一年九ヶ月経てまだまだ復興は端緒についたところですが、政権が変わりその仕事に対する期待が大きいという印象です。自民党政権の油断ない取り組みを願いたいですね。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年01月05日

初せりパート2

厳しい冷え込みの中、6時半水産部から初競りは始まりました。例年ですと水産棟での初競りには報道陣が蝟集するのですが、今朝は一社のみ?既に気仙沼など沿岸部がスタートしているからでしょうか。

ともかく、関係者が一堂に集まってという点では例年通り、市長議長業界代表と挨拶が続き、手締めそして市場長の業務開始宣言で式典は終了、この間15分。このパターンで青果部、関連業そして場所を変えて食肉市場、最後は中央市場に戻って仙台市議会業界代表のまとまっての深淵賀詞交歓会で終了です。

中央市場各部すべてに出席するのが私の恒例の作法、今日も三時半起床、自宅を六時前出発、終了10時半(途中退席)と無事済ませることができました。今回は昨年お業績に触れる挨拶はなく、すべて巳年に掛けた‘’頑張ろう‘’的挨拶が主流でした。印象的だったのは青果部の卸社長が‘’健康応援団‘’と青果の役割をアピールしていたことです。

流通形態のの激変で、地方の市場は苦戦を強いられています。仙台卸売市場は東北で唯一の卸売市場になってしましました。仙台市民の台所を賄うばかりでなく、宮城県そして東北の中枢市場として役割を果たしています。政令市仙台の役割の大きさを改めて自覚する一日です。

市長が農業新聞を年に一度この日に場長室で読むことを切り口に笑いを誘う挨拶をしていました。アイデアは良し、しかし一方苦笑いせざるをしない点も・・・。仙台市中央卸売市場は当の仙台市長が開設者、流通の要で苦労をしている関係者のことを思えば、関係業界紙にもっと関心を持ってもいいかな(^_^;)そんな思いをいたしましたね。


そして宮城野八幡様の新年祈願祭出席これも恒例、直会をそこそこに済ませ鶴ケ谷地区に、地域整備に関する要望をいただいていた場所を現地調査、陳情者の気持ちがわかる整備不良地点を確認。来週早々早速行政と相談するこtにいたします。

生活に身じかな仙台市議会議員、喜んで進んで何でも取り組みます(^.^)。
posted by 渡辺ひろし at 18:59| 日記

小寒 初せり 業務開始式

三時半起床、身も心も爽やかです。今日は土曜日、仙台中央市場で業務開始式があります。6時半水産部、7時青果部、7時半関連事業者そして9時半食肉市場、最終は十時市場関係の新年会と続きます。今回花卉部は昨日4日先立って行われました。出席できず残念。

いよいよ仙台の新年が本格的に始動する、そう言った意味のある象徴的な年中行事の一つです。現在大気温度は−2度、開始式の頃はもうちょっと下がっていることでしょう、これも例年通り。厳しい寒さの中で始まる初競り、寒さが厳しければ厳しいほど体内から熱い熱気のようなものが出てくるから不思議ですね。

posted by 渡辺ひろし at 04:46| 日記

2013年01月04日

御用始め

強風の夜明け、辻立ちは中止、ゆっくり朝の出発。家内のアッシー役を務めて目的地に送ってからその足で議会に。今日は御用始め、仙台市&仙台市商工会議所の新年祝賀会がある日ですが、他用があって今年は不参加。

議会会派控室に陣取って早速業務開始、建設局、教育委員会そして水道局と連絡、それぞれ来週初始めに面談をすることに。会派会長と新年のテーマについて提案、快諾を得ることができました。

私の今年の行動指針は‘’チームワーク‘’復興仙台の会派メンバーはそれぞれ課題意識を持っており且つ提案に耳を傾けてくれる余裕を持っている人々です。昨年一年行動を共にして良くわかりました。

議員個人がそれぞれが課題に取り組むことは当然として、仙台議会全体の課題(議会改革)、そして当然仙台市の課題に取り組むにあたって幾つかのパターンが考えられます。

会派で取り組むもの、会派連合で取り組むべきもの、会派を超えて問題意識を共有している議員同士で取り組むもの、議会全体超党派で取り組む場合などなど。

チームワークの力の大きさを生かさねばならない時期になっていると改めて感じています。悠長に時間をかけていられないほど社会は激しく動いています。市民生活が抱える課題も多様化し即解決をしなければならないモノが目白押しです。

日本の政治態勢が新たにどうなるのか、政治も激変の時代に突入しました。志を同じくする人々の力の和のベクトルが発揮するパワーが今必要と切実に思っています。議会は、奉仕と献身を信条とする人々の集まりであって欲しいと思います。

誤解を恐れずに言えば議会は決して‘’個人的な夢‘’の実現の場ではないと思っています。議員が論争せず、住み分けと馴れ合いで議員活動と思っているのであればそれは有権者に対する背信以外の何物でもないと考えます。
posted by 渡辺ひろし at 19:43| 日記

2013年01月03日

新年会

新田地区連合町内会新年会、そして午後は宮城県合気道連盟新年会とダブルヘッター。賑わいと華やいだ雰囲気の連合町内の新年会では、早速注文を頂きました。気軽に話しかけてもらい、心情をお聞かせいただきそして課題を与えて頂くことは議員特に市民生活に一番身近な市議会議員としては有難いことですし、とても大事なことでもあります。

お叱りも含めて話しかけられない雰囲気が無いかどうか常に意識しているつもりですが、客観的に自分を見ることはとても難しいことです。

毎朝辻立ちすることで自分の有り様を顧み自戒し、文字通り‘’地べた‘’から毎日スタートすることで少しでも市民の皆さんに‘’壁を感じさせない‘’ことに繋がればと思っています。胸に大きな名札を付けて活動しているのも、議会で議席を前列に頂き、一期二期の議員と執行部と向き合っているのもその一念からです。

今年一年、自分自身と向き合いながら‘’奉仕と献身‘’の日常を重ねて行きたいと考えています。合気道の師範から‘’国士になれ‘’と励まされました、政権が変わって良かった、皆心配していたんですね。

政治家はもちろんですが、心ある国民が一人ひとり国を思う気持ちを発現することの大切さを感じます。国を壊すことが国会議員の仕事と発言してはばからない人が、比例復活しています。日本の国難は、外ばかりでなく内にもあるということです。

油断はできません。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年01月02日

新年二日目、辻立ち

四時半起床、急いで準備を済ませ辻立ち出発。五時過ぎから六時半までの一時間半辻立ち、暗闇の中でも気づいて車中から挨拶を返してくれる方々がいます。いつも連れ立って散歩をする老夫婦、今朝は娘さんでしょうかお母さんに寄り添っていました。丁寧に帽子をとっての挨拶をいただきました。

六時半、師範が帰還車に同乗して会食会場へ。行きつけのファミリーホテルの朝食会場は家族連れ、若いカップルで賑わっていました。‘’心地良い喧噪‘’の中で師範と食事をしながらの四方山話、今年の目標、貫いて来た大切な志そして譲れない心情などについての話、一時間を優に超す時間があっという間に過ぎて出発。
posted by 渡辺ひろし at 10:00| 日記

2013年01月01日

謹賀新年

年が変わって早速氏神様のお参り、二時過ぎに帰宅して休憩。四時半には自宅を出て、実践倫理宏正会仙台倫理会館に定刻五時前に到着。控え室に案内いただき、お茶とお菓子のご接待有難いことです。

M党所属の議員が馴れ馴れしく、如何にも親しげに話しかけるのでつれない反応、鼻白んでいました。私のこれが癖、厳粛な年の初めのこの時間から‘’お調子言いなさんな‘’足掛け四年も会っていないのに。まあ、適当にあしらうこともできるのですが、これが出来ない((^.^))‘’

予定通り五時五十分にに朝の学びは終了、共生、利他・・・大事な心構えです。M党の県会議員さん、先程は失礼しましたね、でもね〜、既に時代は変わっている、お調子取りでの政治はあなたで終わりにしましょう。

六時帰宅、師範が待っていてくれました。辻立ちに出発、元旦の早朝暗闇の中通過する車も少なめですが社会を支える業務の方々です、しっかり年頭の挨拶ができました。

厳しい冷え込みが体をシンシンと責め立てる頃師範が帰還、そのまま朝食会場に年頭初の朝食懇談になりました。
帰宅して、11時からの応急仮設住宅での顔合わせ会、集会所に一杯の人たちが集まっていました。議員は私だけ、カラオケを歌いお酒を酌み交わすうちに打ち解けて四方山話から復興にかけての意見交換、二次会三次会四次会と時間は経過し。

迎を頼んだ家内を車中で待たせること四時間、帰宅は六時になりました。何と七時間滞在した勘定です。後半関係議員が駆けつけてきましたが、さてどうなることやら。ローカル性の高い市議会議員ですが、やることをやらねば人の心は離れます。


自戒しながら、責めの姿勢を貫きます。議員同士の棲み分け馴れ合いは、時には市民に対する裏切り、責任放棄になります。議員同士の競い合いがいま求められていると思います。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

謹賀新年

日章旗 (275x183).jpg
謹賀新年


今年も宜しくお願いいたします。

平成25年 元旦

仙台市議会議員

渡辺 ひろし

posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記
image.jpeg test