仙台市議会議員

渡辺ひろしのブログです。

 
新春のお慶びを申し上げます。
皆様方には新しい年を迎え、
新たな気持ちでご出発をされたことと
拝察いたします。

政権が変わり、日本復興に向けて
国民の期待は高まりつつあります。

このままでは日本はダメになってしまうと
危機意識を募らせていた一人として、
私も日本再建に向けて共に歩んで参りたいと
念願しているところです。

今年一年の国家の弥栄と国民一人ひとりの
お幸せを僭越ながらお祈りいたします。


仙台市議会議員
 渡辺 ひろし

                 
 



政治家は

決断と実行,そして責任

です。

今後も市政一貫を貫きます。

このブログには日常のこと市政に関すること

或は心に浮かぶ由無しごとを書き綴ります

.
詳しくは渡辺ひろしホームページ


30110724天満宮祭典 神輿と青葉blog.jpg


選挙ハガキ 001.jpg


坂下 渡辺ひろし辻立ち (640x378).jpg



速やかな復旧・夢のある復興
そして
未来に生きる子供たちのために
全力投球
お約束いたします
選挙ハガキ.jpg
ブログパーツ時計
議会発言映像

任期満了まで残り
1088日と
5442.00
です

Hiroshi Watanabe | バナーを作成
http://www.facebook.com/hiroshi.watanabe.77770
,
仙台市議会議員 渡辺ひろし 愚直一路 に移行中です。
渡辺ひろし極真会館宮城県本部会長ブログ
仙台市議会議員渡辺ひろし愚直一路

2013年01月31日

視察二日目

明け方曇っていた京都の空、朝食が終わる頃には輝く日差しが燦々と降り注ぎ絶好の視察日和になりました。時間通り全員揃って出発、浜松市そして静岡県庁、テーマは‘’静岡型特別自治市‘’

権限と財源を持つ県とその委譲を求める政令市との構図、緊張関係に陥るのが普通なのですがそれが起こらずうまくいっているように見えるのです。さてその秘密は、答えは‘’政治家のリーダーシップ‘’でした。それと放すものと求めるものとの間の慎しみと信頼感でしょうか。そして大事なことは、分権の目的は他の誰でもない、県民市民のためなのだという使命感と責任感の自覚。

宮城県と仙台市のリーダー同士の信頼関係、そして何よりもリーダーの見識と志が問われているのです。帰仙の途につき只管考えていました、ふさわしいリーダーを我々は持っているのだろうか。

リーダーになる人は、既得権の代表だけでは済まない時代に既になって久しいことを自覚すべきです。利害を超えて将来を見通す汚れない透徹した目を持っている人が必要です。このままでは、東北そして仙台市は周回遅れ状態を続けることなる恐れがあります。

仙台駅東、息子の迎えを待つ間久しぶりに行きかう人々を観察することが出来ました。建設間近なJR関連施設の工事現場、通過する人々を見ながら思うこと多々。一瞬たりとも留まることのない時間の流の中で政治こそ停滞は許されないもののはず、果たしてその自覚が関係者に有りや否や、さて(^_^;)

posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年01月30日

視察初日 ひたすら京都へ

九時過ぎに‘’はやて‘’乗車、東京駅で‘’ひかり‘’乗り換えでひたすらに京都へ。天気は快晴、事務局の手配は完璧で無駄な時間はなし。宿も駅至近、荷物を預けて京都市役所へ。京都市役所は歴史と文化と伝統とそして威厳を持って迎えてくれました。

何時もながら、思うこと旧仙台庁舎、そして同じく県庁舎残せなかったのが残念。いろいろあったことなのでしょうが。庁舎前の広場で子供たちが歓声を上げながらドッジボールをしていました。心長閑になる風景ですね。庁舎前に立つ警備の方が何事もないようにしているところから見ると、日常のことなのでしょう。

調査は庁舎内の会議室、歴史を感じる雰囲気の中でレクチャーを受け質疑応答が行われました。‘’関西広域連合‘’これがキーワードですね。外から見ると大阪市など独自の行動をしているようで、スピンアウトしそうに見えていたのですが。きちんと広域連合の枠組みの中で‘’協調‘’も意識しているのを感じました。広域連合そして特別自治市の優先順位でしょうか。

予定に時間はあっという間に過ぎ、それでもというわけで幾つかの追加質問を終えて庁舎玄関に立つと子供たちが相変わらずドッジボールに興じています。明日の京都を担う子どもたち、‘’門前で習わぬ経を読む‘’の譬えの通り京都を引っ張るリーダーに育っていくかも(^.^)

夕食は会費制夕食会、知恩院そばの茶店風料理屋、鍋を囲みながら話は弾みました。風邪気味なので遠慮しようとした二次会も勢いで参加、歌を歌ってそのままスピンアウトで間に出るとそこは祇園の街中、ライトアップされた八坂神社、境内地を抜けて町家と寺とが集まる街区をしばしショートナイトトリップ、京都滞在気分を味わいました、久しぶりですね。

坂を下ってバス通りに、ちょうど九条坂バス停でした。バスに乗って京都駅まで。宿に戻って就寝京都の夜は無事終了。

点から線にそして面と連携を強めることが大事です。力を結集して先ず既成の壁を打ち砕くことが先決です、その為にはやることが見えているはずなのですが、仙台市の場合。(^_^;)
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

視察初日 ひたすら京都へ

九時過ぎに‘’はやて‘’乗車、東京駅で‘’ひかり‘’乗り換えでひたすらに京都へ。天気は快晴、事務局の手配は完璧で無駄な時間はなし。宿も駅至近、荷物を預けて京都市役所へ。京都市役所は歴史と文化と伝統とそして威厳を持って迎えてくれました。

何時もながら、思うこと旧仙台庁舎、そして同じく県庁舎残せなかったのが残念。いろいろあったことなのでしょうが。庁舎前の広場で子供たちが歓声を上げながらドッジボールをしていました。心長閑になる風景ですね。庁舎前に立つ警備の方が何事もないようにしているところから見ると、日常のことなのでしょう。

調査は庁舎内の会議室、歴史を感じる雰囲気の中でレクチャーを受け質疑応答が行われました。‘’関西広域連合‘’これがキーワードですね。外から見ると大阪市など独自の行動をしているようで、スピンアウトしそうに見えていたのですが。きちんと広域連合の枠組みの中で‘’協調‘’も意識しているのを感じました。広域連合そして特別自治市の優先順位でしょうか。

予定に時間はあっという間に過ぎ、それでもというわけで幾つかの追加質問を終えて庁舎玄関に立つと子供たちが相変わらずドッジボールに興じています。明日の京都を担う子どもたち、‘’門前で習わぬ経を読む‘’の譬えの通り京都を引っ張るリーダーに育っていくかも(^.^)

夕食は会費制夕食会、知恩院そばの茶店風料理屋、鍋を囲みながら話は弾みました。風邪気味なので遠慮しようとした二次会も勢いで参加、歌を歌ってそのままスピンアウトで間に出るとそこは祇園の街中、ライトアップされた八坂神社、境内地を抜けて町家と寺とが集まる街区をしばしショートナイトトリップ、京都滞在気分を味わいました、久しぶりですね。

坂を下ってバス通りに、ちょうど九条坂バス停でした。バスに乗って京都駅まで。宿に戻って就寝京都の夜は無事終了。

点から線にそして面と連携を強めることが大事です。力を結集して先ず既成の壁を打ち砕くことが先決です、その為にはやることが見えているはずなのですが、仙台市の場合。(^_^;)
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年01月29日

健康で動けることに感謝

街灯設置場所立会終了、震災発災のため足掛け二年あまり時間を要しました。行政には感謝、そして町内会役員さんには辛抱して頂いたことに感謝です。仙台市内どれだけ同じケースがあったことか、この困難な時期をともに耐え忍び復興に先ずは優先順序を。

確認後関係者にお別れして仙台食肉市場に、‘’体外受精と黒毛和牛の肥育、販売促進‘’などについてレクチャーを受けました。‘’黒毛和牛‘’は世界のトップシェフの垂涎の的とは初めて知りました。‘’クロマグロと黒毛和牛‘’成果に冠たる食材なのですね。黒毛和牛を使った仙台ブランド発信、実行していくつもりです。

議会で仕事、視察先の調整、一旦駅東地区に戻って区役所道路課長職員さんと待ち合わせ、地元K民生委員さんと道路の不具合部分を数カ所確認善後策を協議、改善出來るところは早速手を着けて頂くことにな歩行者がつまずいたり自転車の転倒のもとになる危険箇所があるものですね。

常に道路を利用する地元の皆さんの‘’気づき‘’をどう汲み上げて改善に繋げるか、工夫のしどころですね。道路管理者仙台市が責任を果たし、市民の安全を確保するためには市民の協力が必要です。

取って返して議会へ戻り五時からの約束通り経済局A課長と食肉市場視察の感想と今後について意見交換。食肉市場、行政議会と連携して新しい動きをつくりたいと思います。

宮城野中学校同窓会役員会、二月十四日六時サンプラザ、最後の打ち合わせ。スムースに和やかに終了。ひとりでも多く参加していただけるように最後の声がけに取り組むことで散会。居酒屋の誘いを受けるも残念ながらもうひと仕事、今回はお断り泣く泣く(^_^;)

明日から議会調査特別委員会出張、京都市、静岡県そして浜松市と調査訪問してきます。委員長として緊張の二日間になります、何といっても選りすぐりの委員さん達ですから(^.^)



posted by 渡辺ひろし at 22:29| 日記

2013年01月28日

今日も一所懸命

教育委員会学びの連携推進室藤森室長、介添え田辺主任指導主事幼小中連携事業についてレクチャーそして意見交換。話をしてみなければ分からないしかも回数を重ねなければ、と実感。

藤森室長宮城教育大学国高校教員数学の後輩でした。鶴丸教授、私は一年修了で東北大学に再入学しましたが、藤森女史は無事卒業、教授の印象は私と同じく‘’超厳しい‘’仙台市民の子弟教育について特に学力向上について厳しい注文をしてきました、藤森室長には。

彼女の真剣さの並大抵でないことを改めて貫いました。田辺先生は小学校在職中から存じ上げていることもあり、なお一層‘’がんばれ‘’のエールを送っていくことにしたいと思います。

その後、某氏と仙台市政の在り方個々の政策について意見交換、あっという間に二時間の時間が過ぎてしまうほど。久し振りに核心をついた話が出来ました、全然疲れないのです。

議会でも議員同士がこの手の議論がどんどん出来ればいいのですが、足して二で割ることを政治家の仕事と思っている人がいる限りは難しいですかね。若手の奮起を期待しています、孤立を恐れずです。議会は友達を作りに来るところではありません、課題解決のために論争をするところです雷

夕方から榴岡地区連合町内会六団体新年会終了。アッ、と言う間の二時間半、実に様々なご意見をお聞きできました。‘’市民一人ひとりに意見あり‘’どうやったら意見を引き出せるか、手遅れにならないうちに…が大事です。永遠の課題かもしれません、一にふれあい、二にふれあい、ノンアルコールで広報広聴(^_^;)
posted by 渡辺ひろし at 22:17| 日記

2013年01月27日

この程度の(教養)政治家

朝起き会出席見送り、気が緩んだか起きれませんでした(ーー;)。心を入れ替えて次の予定、立正佼成会寒行出席。導師を務めることになっています。八時前到着、作法を予行演習。昨年も務めたことがあり流れを知っていることは強みですね。

新釈 法華三部経 如来神力品第21、無事導師を務めることができました。次の導師は秋葉賢也代議士、うまく引き継ぎができました。会員席に戻って寒行を続け、時間を見て寒行中ながら途中退席して帰宅。石巻訪問する準備にかかりました。

石巻訪問、帰宅は六時。日足が確実に長くなってきていますね、春は間もなくです。帰路松島海岸を通ると津波被害の名残はどこにも見えず、被災し空き地が目立つ中に新しい建物、小料理屋の暖簾が風に揺れているのが目につきました。復興の確かな証と思いたい。人通りのない海岸通り、若い女性グループが横断歩道で信号待ち中、シーズンになってこの海岸通に人が溢れることを願いたい。

今朝の産経新聞一面「古典個展」加地伸行先生厳しい採点をされていました。M党の党首の「漢詩」ケチョンケチョンの落第点。「この程度の(教養の)人」が・・・云々。無教養は恥である、との認識程度は持ちたいですね。

今の日本は選挙に通れば政治家、‘’教養・学識はあれば良い‘’、ここが問題だと私は思う立場です。学齢云々ではありません。人のことは言えない私ではありますが、念のため申し添えます。

まあ、恥を知れ、というところでしょうか。加地先生のような方が厳しく見ておられるということを念頭に政治家は、国も地方も発言行動すべきです、それが慎みというものです。

参考
古典個展 加地伸行立命館大学教授 京都大学名誉教授
posted by 渡辺ひろし at 21:10| 日記

2013年01月26日

無事帰宅ヽ(;▽;)ノ

終日雪、大気温度も上がらず道路はアイスバーン状態です。こんな中でも応急仮設住宅応援で広瀬川倶楽部代表坂上さん応援物資配給で大活躍です。頭が下がります。午後訪問を受けしばし歓談、オコゼのお土産も頂きました。

発災からに年を迎えようという時、当初の情熱と誠意を持続しながら応援のボランテイア活動を継続していることは本当に頭が下がります。ボランテイアに名を借りた経済活動になっているのもあるのだはないかと危惧します。問題になっているケースも報道されている通りです、残念。

夕方から降雪、大気温度も下がって来ました。秋保での新年会に余裕を持って出発したものの、西道路トンネル入口の事故で迂回、国道286ノロノロ運転で会場に到着、三十分遅れちょうど舞台で鏡開きの準備「顧問わたなべひろし」の呼名のタイミングにドンピシャで間に合いました。こんなこともあるんですね。

隣にあるテーブル市長に挨拶をすると、皆遅れて到着したんですよ、お慰めの言葉、知事代理の副知事も挨拶のタイミングでやっと間に合ったようです。雪に弱い都市交通、事故でも起こればすっかり麻痺してしまいます。対策は、・・・・。

広い会場、協組組合員のテーブルをぐるっと回って、テーブルのお料理をサラっと頂いて次の会場に。滞在三十分弱。駅東地区仙萩町内会新年会、お開きに間に合いました。町内公園に仙台市で初めて防災倉庫建設を実現した町内会、まとまりは抜群です。凍てついた道路を慎重運転で走り続けて無事帰宅、感謝。

明日は早起きして5時実践倫理宏正会早起き会、続いて立正佼成会寒行参加の予定です。それでは、今日は早めに休むことにいたしましょう(^.^)
posted by 渡辺ひろし at 21:50| 日記

2013年01月25日

天恵に感謝

隣の小学校原町小学校を訪問、校長先生と懇談と言うか打ち合わせと意見交換。学校地域そしてPTA、社会学級と短い時間でしたが
有意義な時間でした。詳しいことは書けませんが、問題意識とこれから目指すことは同じ方向のようです。これからが楽しみです。

急ぎ議会に、今日は議会で共に活動した尊敬する元同僚(年齢は先輩です)と久しぶりにお会いすることになっていました。尊敬する方、議会を勇退されると聞いた時、どんなにがっかりしたことか、今もその時のことを思い出せます。

議会棟の会議室、南側に面した窓から明るい日差しが注ぎ込み暖房も加わり汗ばむほど。笑顔と穏やかな話しぶりは従前どうり、話が越し方行く末にわたりあっという間に二時間という時間が矢のように過ぎ去っていました。

志と問題意識、貫きと押す強い意思、今でも学ぶこと大、神様が私に遣わされた方という思いになりました。独りよがりや思い込み、そして勘違いは問題外として、大勢に異を唱えるような意見を述べることは中々これでストレスがあるものです。

しかし言わねばならないことって結構あるものです。55人議員がいるということは、55の視点で過ち無きようチェックするということが求められていると私は考えています。‘’まあ、良いか‘’では済まないことと思っています。

変わり者、協調性が無い、一匹オオカミとか批判めいた声が聞こえることもありますが、‘’ちょっと待て‘’で市民の不利益をできるだけ避けることに注意を注ぐこととか、あるいはもっと良いものがないかと知恵を絞れば‘’大勢迎合はそう簡単には出来無くなるんです。

励ましと勇気を頂いた時間でした。引き続きソフトテニス県連盟と仙台市との打ち合わせ、全国レベルのチャンピオン大会を新たに開ける方向になりました。継続して毎年仙台で開催される大会になります。仙台を全国に発信する良い機会になることでしょう。楽しみです。

駅東区画整理に関連して地権者の相談を済ませ帰宅、自宅から電話で数件仕事を済ませ今日は終了、外では雪が津々と降り積んでいます。暖かい部屋で、この厳しい季節を過ごせることに感謝しつつ今日は業務終了とします、一応(´∀`*)

posted by 渡辺ひろし at 21:18| 日記

2013年01月24日

会派視察

午後から宮城野区応急仮設住宅訪問、復興仙台会派視察実行。役員そして奥様方が参加してくれました。現在までの仙台市の対策をまとめた復興ニュースを元に先ず復興事業局から説明してもらいその後質疑応答が始まりました。

防災集団移転事業が具体化すると目前に出てくるのは、個々人のの経済力格差。従前の土地と移転予定地との価格格差をどうするか。二重ローンをどうするか。

全壊扱いの家屋についても、沿岸部の流失家屋と内陸部の現存する家屋とで対応の違いが求められます。

発災から課題として認識されていた問題が、解決されないまま今まで持ち越されてきています。政権が変わってこれらの点についてどう取り組むのか、極めて政治的な判断が求められることです。開始してから二時間あまり、一応意見交換会は終了、頂いた様々な意見をどう行政に反映していけるか、さて。
posted by 渡辺ひろし at 17:36| 日記

2013年01月23日

今日も無事終了

ということでスタート、帰宅は八時半過ぎ、お陰さまでスムースに予定はこなすことができました。

posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

新年会ピーク

四時起床、実践倫理宏正会会場に。途中の路面は濡れながらも雪はすっかり溶けていました。もちろん歩道にはまだまだ積もったままの雪が見えますが。

帰宅、食事を終えて今日の日程確認。宮城野区文化センターでお昼を挟んで二件、午後から国民健康保険運営協議会、秋保町で宮城県花卉商組周年記念式典、祝賀会。帰宅は午後八時前後か(^.^)

実践倫理宏正会の今朝の学びは‘’自分磨き‘’自分で磨くのはとても難しいですね(ーー;)
砥石になって磨いてくれる、‘’あの人この人そしてそこのあなた‘’今日もよろしく願います。(´∀`*)

posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年01月22日

仙台市と宮城県のパートナーシップ

午前中、今週の日程調整。市民局、教育局そして特に財政局には資料請求、仙台市が発行している市債についてもう少し踏み込んで勉強して見ることにしました。

午後一時から会派要望(平成25年度分)に対する回答を当局から受け取りました。議会第一委員会室には会派メンバー、当局からは総務局長同次長、財政局長、同理事そして関係課長とそろい踏みです。

全市にわたるもの51件と各区に関わるもの41件と精選して要望するのですが、なかなか要望通り実現するとは限らず、毎年,同じものが継続して要望として出される傾向があります。諦めず、只管に実現するまで根気よく、が大切です。(^_^;)(参考にPDFで示します。 『平成25年度予算に係る要望』に対する回答.pdf)

終了後、総務局次長と打ち合わせ、健康福祉局とは高齢社会介護の件で説明を受け意見交換、庁舎管理課からは仙台市役所の敷地建物の資料をもとに説明を受けそして持論展開。機能移転・高層化・複合施設化して有効利用を図るべし、がpoint。

仙台市庁舎の有効利用について予てから意見を述べているのですが、初めて聞いた課長にとっては迷惑だったかもしれませんね。化粧をし直して、議会で再び発言しようと思っています。

先週、突然県から公表された、‘’宮城野総合運動公園と周辺地の防災拠点化構想‘’国県仙台市そしてJR貨物の四者が共同してということになっているものの、当の仙台市は全く情報を持っていない様子です。

またぞろ、県主導で中途半端な事業にならぬよう注意しなければなりません。利府町に移転した宮城県総合運動場グランディ、仙台空港線、いずれも仙台市抜きで計画が建てられ、中途半端になってしまいました。ノウハウを持つ仙台市を何故当初から入れないのか、不思議でなりませんね。

実際、グランディは交通アクセスが最悪で廃止 が唱えられ、仙台空港線は赤字で今後の運営が議論されています。空港線は仙台市が経営責任を任されそうになりましたが、仙台市議会の猛反対でそれは取りやめになりました。本市にとっては事なきを得た感がありますが、現在運営主体の宮城県は大変なようですね。


宮城県と仙台市の緊密な連携パートナーシップの発揮が望まれますね。

さて今回の計画、どうなることか(^_^;)、議会会派控室、暖房が止まってぐんぐん冷えが込んできました。マフラーをして、コートを羽織ってもう少し頑張るつもりです(^.^)午後6時39分

『平成25年度予算に係る要望』に対する回答.pdf
posted by 渡辺ひろし at 18:42| 日記

2013年01月21日

常任委員会開催

十時過ぎ議会到着、消防局から質問取材24年度の消防局関係の統計速報値救急活動について質問する予定でした。山形市内で、山形大学の学生が119番出動要請を電話でしながら、‘’受けられず‘’死に至るケースがありました。

私は過度な出動自粛要請は本末転倒と思っています。‘’軽症者は遠慮してという‘’メッセージは本来サービスを受けるべき人が遠慮して自粛してしまい、新たな問題を起こします。現に昨年私の周りで二件立て続けに起こりました。自力で病院を訪ねタライ回しになったのです。

仙台市消防は遠慮なく利用するよう、議会答弁で市民に訴えていますが、今回の質問はその確認です。浸水被害があった宮城野区白鳥地区の建築制限もしなくて済むことになりました。この件でも、市民の被る不利益の有無の確認もしました。

市債の発行の仕組みと今後の傾向についても、数点の視点で質問確認をしました。市債は仙台市の不足する財源確保のための有効な手段です。公的な機関からの調達から民間市場からの調達にうウェイトが移りつつあります。

市債発行も許可制から協議そして事前届出制へと自治体の自己責任を求める方向に進んでいます。‘’不足財源はどうするのか?‘’とお伺い質問をするのが当然という風潮から、斯くあったらどうか、という質問にならなけれべ議会は置いてきぼりになるばかりです。

六時過ぎ会派を出て帰路に。今日はこれで御仕舞にします。
posted by 渡辺ひろし at 19:27| 日記

2013年01月20日

新年会第二次ピーク無事終了しました。

八時四十五分、超百歳OBテニス大会開会式青葉体育館、本日最高齢82歳のプレイヤーお元気です。開花式で主催者として挨拶を申し上げて、事務局で本田県連盟理事長と打ち合わせ。日本ソフトテニス協会の拠点化事業の一環でレデイース仙台大会が持ってこれそうという結構なお話です。仙台市に協力要請をして具体的な詰めを早速することにしました。

地元町内会新年会冒頭あいさつをして、同時刻開催の新年会に向かうつもりがマサカノ三十分の開会遅れ(^_^;)覚悟を決めて、まず‘’いまここ‘’に集中することに。挨拶を終えて皆さんの笑顔に送られて次の会合に向かいました。このままだと押せ押せで最後はとんでもない遅れになります。順番を入れ替えて、行動することにしました。

後の四つの会合、二つは時間通り二つは残念ながらいずれも二時間遅れになりましたが、許していただきました。全部遅れるよりは良かったかなアと自分を慰めました。

兎にも角にも、凍てつく道路を車で駆け回ったわけですが事故無く出席できたことに感謝です。何とか無事に第二次ピーク終了、次は26日の第三次ピークです。(^_^;)
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年01月19日

人は鏡、我が映し身

「真(しん)に幸福(さいわい)なる者は、己の幸福(さいわい)を感謝すると共に、人をも幸福(さいわい)にせんと念う人なるを知れ。」

厳しい寒さの朝です。「厳しい環境」の中で、必死に前に進もうと頑張っている方々が一杯おられます。数々の新年会に参加して、参加者の数だけ人生があるんだなぁ、と改めて思います。特に現職政治家の言動に注意を払います。

いいなぁ〜(^.^)と思う人、驕っているなぁ(^_^;)と思う人、イロイロいます。鏡にして我が身を正したいと思っています。それでは出発ヽ(*´∀`)ノ
posted by 渡辺ひろし at 10:56| 日記

2013年01月18日

告別式・議会打ち合わせ・そして新年会

昨晩から不思議に目が冴え、奉読する弔辞作成に専念出来ました。A夫人との出会いは三十年前、私は三十代、Aさんは五十代の知力気力充実していた頃でした。まちの整備についてソフトハード両面でヒントアドバイス
そいて励ましを頂いたことでした。一つひとつ記憶の底に沈んでいたものが浮き上がってきます。

一隅を照らすとはこう云う事なんですね。一隅を照らす人生、見事な人生だと改めて思います。脚光を浴びやすい立場の人々は特に心すべきことえしょうね。

葬儀告別式は滞りなく済み、気分を切り替えて身支度を整えて議会に向かいました。

委員長を務める特別委員会の件で議会事務局車田氏と打ち合わせ、今月末にある委員会視察の確認と次回の委員会開催日程の確認。定例会を控えて議会日程は混雑を極めつつあるようです、辛うじて委員会開催可能な日程を抑えることが出来ました。早めに所属委員に連絡して調整をお願いしてもらうこと、二点ほど資料作成を依頼して打ち合わせ終了。

駅東にあるホテルでの新年会、そして今度は駅西にあるホテルでの新年会と新年会の梯子。この程度なら今日は楽なものです。外は雪が降り始め大気温は下がり路面は凍てついて、渋滞状態でした。どちらの会合も時間通り到着く出来たことは幸運でした、感謝(^.^)。

仙台市薬剤師会新年会、市長が出席していました。すでに到着していた市長に近寄り、駅東開発関連でひそひそ話。それを見ていた同僚議員が勘違いして、慌てて市長にご挨拶していました。私が市長と話した目的はあることの確認と要望、ビジネスでした。

仙台市民の健康守る役目を担う仙台市、薬剤師会医師会そして歯科医師会は連携がうまくいっています。嬉しいことです。後は、市民本位の立場の堅持、舞台上でのスピーチでそのことを強調しました、加えて「健康寿命日本一」を目指す大切さも。

病気にならないことが大事です。




厳しければ厳しいほどファイトが湧く気性の私です
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年01月17日

生老病死

午前中来客、‘’可愛い一粒種‘’同伴、初めての家、初めて会うオジさんオバさんですが、警戒心はすぐ緩んで家のアチラこちらと探検が始まりました。なかなか賢い子、好奇心も旺盛です、
只今一歳、楽しみですね。

お父さんを亡くされたばかりのパパは、今際のきわにお父さんと子供が最後の別れを触れ合うことで出来たことを話してくれました。孫のほっぺたを触ってにっこり笑顔を残して逝かれたとのこと、mmm感じるところ大です。

午後は秋保温泉岩沼屋で明寿会式典、ギリギリ間に合ってご挨拶、‘’地域は私が守ります‘’と最後に宣言すると、反応がありました。‘’よろしくお願いします‘’の声があちらこちらから起こりました。

渡辺博は大人しい、と一部で思われているようですが本当は‘’激しい‘’のです。これまであまりやらなかった自己アッピールをやることにしています、最近。

式典終了後早々にお暇し、太白区役所を訪問、久しぶりです。訪問目的の健康福祉センター所長鈴木先生はご在室で直ぐ会って下さいました。予て依頼していた件を改めてお願いして、後は保育環境保育事情について意見交換、。考えてみれば鈴木所長とは面識を頂いてから長いお付き合いです。

何時ものにこやかな笑顔は相変わらず、そう言えばご無沙汰している人々、沢山居ますね。市議会議員として現役復帰して早一年半、そろそろリハビリ期間は終了してご挨拶回りを心がけねばならない時期になって来ました。

議会に向かって、水道局課長からレクチャーを受けました。災害時の給水体制の確認と新しい取り組みについて、今までと比べてとても簡便で効果的な給水体制がいま準備されつつあります。ウン成程、と思う方式です。さて費用はどこから捻出するか、ここが思案のしどころです。水道局だけの問題ではない、という視点が大事と思っています。

地元婦人部長さんの通夜に遅れて出席、大変お世話になった方でした。通夜ぶるまいも沢山の方が残って故人を偲びながら会食をしていました。先に出席していた家内がいるテーブルで私も話の輪に。ボランティアグループの中心で一所懸命社会に尽くされた方でした、

享年八十歳、ご冥福を祈ります。

帰って弔辞の準備をしなければなりません、さて。




posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年01月16日

地方分権一括法の活かし方そいて武道教育

午前、地方分権一括法関連で昨年条例化した分について調査。今日は建設局関連、道路部計画課長、道路管理課長そして公園課長からそれぞれ具体的活かし方についてレクチャーを受け意見交換。

地方のことは地方で、で始まって成果として出来上がった地方分権一括法ですが、それを活かすのは自治体の役目と責任。中央の見えない縛りの糸が張り巡らされているのを感じました。根底には中央省庁の地方不信がありそうです、そうであるとすれば大きな間違いですね。

未だまだ地方分権は、道遠しの感があります。使い勝手の良いものにしなければなりませんね。更に改善に向けて働きかけをしていかねばないと思います。

続いて会派総会、緊急時の議会対応の指針、要綱案が出来上がってきました。更に詰めていくことになりますが、簡単シンプルを旨とすべきと考えていますが、何やら細かなことも入っているようです。A4一枚でいいのです、極端かもしれませんが。

駅東地区のまちづくり関連で某町内会幹部と中間報告と意見交換、仙台市の現在の政策にないことを新たに始めることになります。新しい政策を作っていことになりますが、道は険しいけれでやり甲斐はありますね。時間との勝負でもあります。

榴岡小学校体育館で、児童のなぎなたクラブの視察。ひんやりした体育館で今日は八人の児童が師範の指導を受けていました。鈴木先生、桜田先生の指導は女性らしい優しさと、精進の道を歩まれる武道者の厳しさがうまくミックスしている感じ。そばで見学する私まで、自然に背筋を伸ばす緊張感がありました。お聞きすると、四年にわたる歴史を重ねてきているとのこと、礼に始まり礼に終わる一連の稽古を見てこれは良い、思わず手を打つ思いになりました。稽古終了後、鈴木師範と桜田先生との模範試合をわざわざ披露していただきました。緊張感すごいですね。

校長室で久能校長先生を交えて四人で意見交換、鈴木師範にそして櫻田先生に根掘り葉掘り質問をしました。視察の目的は、昨年から実施されている中学校の武道教育の充実のため。

相撲、剣道、柔道の三種に絞っている現状を変えていきたいと思っています。日本に伝わる武道は他に幾つもあります。良き指導者が地域にいれば、その方々にお願いしたら良いと思っています。命に関わることもある武道、その精神を伝えるためには十分に修練を積んだ指導者の存在が必須です。

体育教師が即席で身に着くほど簡単なものでないはずなのですが。教育委員会の再検討を要請したい思いですね。
ご協力頂いた鈴木師範、櫻田先生そして久能校長先生に感謝です。



posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年01月15日

町内会の悩み

午後から、宮城野地区連合町内会会長定例会そして議会で国民健康保険運営協議会メンバーから意見を聴取。議会会派控え室で作業、会派室を出たのは最早時計の針が(古い言い方ですね(^_^;))九時になろうとするところでした。六時前、町内の暖房が止まると急速に室温が落ちてきます。議会棟三階にある復興仙台会派控室は南側全面がガラス窓のため、冬場は室温の落ち込みが激しいようです。首にマフラーを巻いて、ベンチコートをしっかり着込んで、時々白湯を飲みながら作業を続けます。

宮城野地区連合町内会、行政と連携して様々な事業を行っています。町内会活動の他、日赤奉仕団、社会福祉協議会活動、消防団の支援そして赤い羽根募金等々。町内会がなければ、仙台市の行政は完全にストップしてしまうことでしょう。行政も議員も問題意識を共有はしていて、改善の議論は議会でも行われているのですが妙案がなかなか見つからない現状です、待ったなしでタイムリミットはもう目の前です。‘’思い切った手当‘’が必要ですね。

健保関係者と意見交換、有意義でした。国民健康保険制度を維持することは、国民皆保険制度を維持する根幹に関わることと考えています。利害関係者が、患者国民本位の立場で意志を共有できるかどうかに懸かっていると考えます。利益代表のぶつかり合いは不毛の結果しか産まないでしょうね。計算づくの日本社会、根本的にメスを入れることが必要と考えています。拝金主義が正義の社会は御免です。

posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2013年01月14日

どんと祭

朝から積雪、大雪のどんと祭になりました。ここ十数年経験したことのないことです。雪は大変ですが、かえって元気が湧き上がってくるのは、若いのか或は‘’こ馬鹿臭い‘’のか。

午後三時半、榴ヶ岡天満宮に到着、四時火入れ式。相変わらず降り続く雪のためお焚き上げのために積み上げられた正月用品は濡れてしまっています。古式の則って起こした火を済に移してそれを藁日に移してという正式な作法のため、なかなか火がつきません。

祭壇居並ぶ神社役員がライターを持って近づきますが、宮司は只管作法に則った仕草を繰り返します。私はひたすら、念じながら一点を凝視、点きました。

お見事、菅野宮司。伝統は守られました。伝統を大事にする若い世代の台頭を感じます。

ヽ(*´∀`)ノ
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記
image.jpeg test