仙台市議会議員

渡辺ひろしのブログです。

 
新春のお慶びを申し上げます。
皆様方には新しい年を迎え、
新たな気持ちでご出発をされたことと
拝察いたします。

政権が変わり、日本復興に向けて
国民の期待は高まりつつあります。

このままでは日本はダメになってしまうと
危機意識を募らせていた一人として、
私も日本再建に向けて共に歩んで参りたいと
念願しているところです。

今年一年の国家の弥栄と国民一人ひとりの
お幸せを僭越ながらお祈りいたします。


仙台市議会議員
 渡辺 ひろし

                 
 



政治家は

決断と実行,そして責任

です。

今後も市政一貫を貫きます。

このブログには日常のこと市政に関すること

或は心に浮かぶ由無しごとを書き綴ります

.
詳しくは渡辺ひろしホームページ


30110724天満宮祭典 神輿と青葉blog.jpg


選挙ハガキ 001.jpg


坂下 渡辺ひろし辻立ち (640x378).jpg



速やかな復旧・夢のある復興
そして
未来に生きる子供たちのために
全力投球
お約束いたします
選挙ハガキ.jpg
ブログパーツ時計
議会発言映像

任期満了まで残り
1088日と
5442.00
です

Hiroshi Watanabe | バナーを作成
http://www.facebook.com/hiroshi.watanabe.77770
,
仙台市議会議員 渡辺ひろし 愚直一路 に移行中です。
渡辺ひろし極真会館宮城県本部会長ブログ
仙台市議会議員渡辺ひろし愚直一路

2012年11月14日

無事新幹線乗り変えました。

まやてに無事切り替えて間も無仙台着。熱が出てきたみたいです。保護司大会に遅ればせながら、出席し自宅に戻って自家用車で食品衛生協会に参加します。明日の辻立ちに備えて、体調の調整に取り組みす。

千葉市消防局の献身に感謝と敬意を表してきました。大震災に取り組み、課題整理も出来ています。
仙台市消防の今後に実に参考になると確信しています。

さて福島通過、間も無く仙台到着です。戦闘モードにチェンジW(`0`)W

何時も有難うございます。
posted by 渡辺ひろし at 14:21| 日記

視察三日目

四時前目覚め、ラジオ深夜便を選局してオランダ人と結婚した女性の世界観に耳を傾けながら体調確認。風はいさ最進んだものの、まだ最悪の状態には至らず。

東京の日の出は六時十五分、スッキリ晴れ渡ったそらが美しいオレンジ色から空の蒼までグラディエーションをつくっています。誠に美しいものですね、今日も良い日になりそうです。ロビーに降りて食事、世界各国の人々が民族衣装、ジーパン姿ビジネススーツさまざまな装いで今日のスタート切っています。

さて私は今日は千葉市消防局緊急援助隊視察そしていよいよ帰仙の道に。全国保護会大会そして仙台市食品衛生協会研修会並びに懇親会そして夜は自衛隊主催防衛講座と行事が続きます。体調を見ながら行動しますが、防衛講座はどうなるか。

さてまもなく出発の時間、ロビーに降りなくては(ーー;)
posted by 渡辺ひろし at 08:09| 日記

視察二日目

宿の戻れたのは、日もとっぷり暮れた午後六時目一杯動いてきました。東京臨海広域防災公園、東京都職員そして内閣府職員のそれぞれの所管ごとの説明を受けそして館内視察に移ります。ニンテンドーDM?を使っての体験コーナーは実体験に近いものが有りますね。私は二度目になりますが、新鮮に感じる点がいくつかありました。

見学者が格段に多くなりました、駐車場に大型バスが停まっており入れ替えもに頻繁です。東京都職員、内閣府職員それぞれの担当エリア毎の説目雨を受け館内視察に移ります。ニンテンドーDMを利用した体験コーナーは実体験に近いものがあります。見学者成人が多かったですが、真剣に取り組んでいました。

先におとずれた時とは違った印象を持つことができました。視点を変えて聞きそして見ることができ新鮮に映る面も多々ありですね。経年変化、そして改善の様子を見ることの大事さを感じます。

広大なオペレーション室では担当職員の訓練が行われていました。年一回は必ず研修するということを確認できました。大震災時、一市民として仙台市職員の右往左往ぶりをみて腹立ちと怒りを感じたものとして実体験を担当職員がすることを是非願いたいと考えます。

当時の議会も、全員参集していたにもかかわらずそのまま散会してしましました。誰かそこで議会独自の対策本部を立ち上げ提案をしてサポートに回ればよかったと私は思っています。当然やっていると思ったらやっていなかった(´;ω;`)
今議会で緊急時マニュアルづくりが始まったのは結構なことと思います。

時間いっぱいに視察を終え、東京消防庁立川防災館そして第八方面本部視察。防災館は近年百万人を超える盛況ぶり、二十年経って古さを感じません。いくつかのグループが見学と体験講座を受講していました。救急、消火そして起震機体験、階段形式でのシアターホールでは、東日本大震災の記録映像の視聴これまた盛りだくさんの視察になりました。百聞は一見に如かず、実際に体験をすることの大切さを思います。

第八方面本部は最近では、福島原発対策で活躍しました。最高の機器そして熟練度の高い職員の練度の一部を見せていただきました。頭が下がりますね、口説の徒にならぬよう心がけて精進していかねばと思います。
ホテルに帰り、有志の食事会は残念ながらお断りして部屋で休みました。どうも風邪をひいたみたいです。明日に備えて休んでいると、在京の友人から私が滞京していることを知って食事をということになりましたが、やっぱり最後は中止近々仙台で会うことに。しかし、シンクロしていますこの現象も。ふっと心に留まった人から連絡があったり、会えたりと面白いことがこります。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記
image.jpeg test