仙台市議会議員

渡辺ひろしのブログです。

 
新春のお慶びを申し上げます。
皆様方には新しい年を迎え、
新たな気持ちでご出発をされたことと
拝察いたします。

政権が変わり、日本復興に向けて
国民の期待は高まりつつあります。

このままでは日本はダメになってしまうと
危機意識を募らせていた一人として、
私も日本再建に向けて共に歩んで参りたいと
念願しているところです。

今年一年の国家の弥栄と国民一人ひとりの
お幸せを僭越ながらお祈りいたします。


仙台市議会議員
 渡辺 ひろし

                 
 



政治家は

決断と実行,そして責任

です。

今後も市政一貫を貫きます。

このブログには日常のこと市政に関すること

或は心に浮かぶ由無しごとを書き綴ります

.
詳しくは渡辺ひろしホームページ


30110724天満宮祭典 神輿と青葉blog.jpg


選挙ハガキ 001.jpg


坂下 渡辺ひろし辻立ち (640x378).jpg



速やかな復旧・夢のある復興
そして
未来に生きる子供たちのために
全力投球
お約束いたします
選挙ハガキ.jpg
ブログパーツ時計
議会発言映像

任期満了まで残り
1088日と
5442.00
です

Hiroshi Watanabe | バナーを作成
http://www.facebook.com/hiroshi.watanabe.77770
,
仙台市議会議員 渡辺ひろし 愚直一路 に移行中です。
渡辺ひろし極真会館宮城県本部会長ブログ
仙台市議会議員渡辺ひろし愚直一路

2012年11月14日

無事新幹線乗り変えました。

まやてに無事切り替えて間も無仙台着。熱が出てきたみたいです。保護司大会に遅ればせながら、出席し自宅に戻って自家用車で食品衛生協会に参加します。明日の辻立ちに備えて、体調の調整に取り組みす。

千葉市消防局の献身に感謝と敬意を表してきました。大震災に取り組み、課題整理も出来ています。
仙台市消防の今後に実に参考になると確信しています。

さて福島通過、間も無く仙台到着です。戦闘モードにチェンジW(`0`)W

何時も有難うございます。
posted by 渡辺ひろし at 14:21| 日記

視察三日目

四時前目覚め、ラジオ深夜便を選局してオランダ人と結婚した女性の世界観に耳を傾けながら体調確認。風はいさ最進んだものの、まだ最悪の状態には至らず。

東京の日の出は六時十五分、スッキリ晴れ渡ったそらが美しいオレンジ色から空の蒼までグラディエーションをつくっています。誠に美しいものですね、今日も良い日になりそうです。ロビーに降りて食事、世界各国の人々が民族衣装、ジーパン姿ビジネススーツさまざまな装いで今日のスタート切っています。

さて私は今日は千葉市消防局緊急援助隊視察そしていよいよ帰仙の道に。全国保護会大会そして仙台市食品衛生協会研修会並びに懇親会そして夜は自衛隊主催防衛講座と行事が続きます。体調を見ながら行動しますが、防衛講座はどうなるか。

さてまもなく出発の時間、ロビーに降りなくては(ーー;)
posted by 渡辺ひろし at 08:09| 日記

視察二日目

宿の戻れたのは、日もとっぷり暮れた午後六時目一杯動いてきました。東京臨海広域防災公園、東京都職員そして内閣府職員のそれぞれの所管ごとの説明を受けそして館内視察に移ります。ニンテンドーDM?を使っての体験コーナーは実体験に近いものが有りますね。私は二度目になりますが、新鮮に感じる点がいくつかありました。

見学者が格段に多くなりました、駐車場に大型バスが停まっており入れ替えもに頻繁です。東京都職員、内閣府職員それぞれの担当エリア毎の説目雨を受け館内視察に移ります。ニンテンドーDMを利用した体験コーナーは実体験に近いものがあります。見学者成人が多かったですが、真剣に取り組んでいました。

先におとずれた時とは違った印象を持つことができました。視点を変えて聞きそして見ることができ新鮮に映る面も多々ありですね。経年変化、そして改善の様子を見ることの大事さを感じます。

広大なオペレーション室では担当職員の訓練が行われていました。年一回は必ず研修するということを確認できました。大震災時、一市民として仙台市職員の右往左往ぶりをみて腹立ちと怒りを感じたものとして実体験を担当職員がすることを是非願いたいと考えます。

当時の議会も、全員参集していたにもかかわらずそのまま散会してしましました。誰かそこで議会独自の対策本部を立ち上げ提案をしてサポートに回ればよかったと私は思っています。当然やっていると思ったらやっていなかった(´;ω;`)
今議会で緊急時マニュアルづくりが始まったのは結構なことと思います。

時間いっぱいに視察を終え、東京消防庁立川防災館そして第八方面本部視察。防災館は近年百万人を超える盛況ぶり、二十年経って古さを感じません。いくつかのグループが見学と体験講座を受講していました。救急、消火そして起震機体験、階段形式でのシアターホールでは、東日本大震災の記録映像の視聴これまた盛りだくさんの視察になりました。百聞は一見に如かず、実際に体験をすることの大切さを思います。

第八方面本部は最近では、福島原発対策で活躍しました。最高の機器そして熟練度の高い職員の練度の一部を見せていただきました。頭が下がりますね、口説の徒にならぬよう心がけて精進していかねばと思います。
ホテルに帰り、有志の食事会は残念ながらお断りして部屋で休みました。どうも風邪をひいたみたいです。明日に備えて休んでいると、在京の友人から私が滞京していることを知って食事をということになりましたが、やっぱり最後は中止近々仙台で会うことに。しかし、シンクロしていますこの現象も。ふっと心に留まった人から連絡があったり、会えたりと面白いことがこります。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2012年11月13日

早寝?早起きそしてボタン付け

起床は6時11分、東京の日の出は6時15分、宿の筋向いにある住友ビルが日の出を背負ってまるで赤いショールを羽織ったように見えます。

昨晩は、午前様部屋に入って時計を見ると1時15分でした。しかし誠に美味しいお酒を頂きました。バーのカウンターでバーテンダーと三人で話が弾みました。旧友とは中学生時代の‘’今だから話せるエピソード‘’おうなーとは東京、仙台の景気と分析と対策、それぞれの立場で自由な会話ができました、面白かった実に。

震災に関わるもろもろ、特にペットを大事に扱う視点での提案は共感すること大、動物愛護行政は私にとって大事なテーマの一つだけに有意義でしたね。

昨夜歓談中取れたボタンを回収して、朝からボタン付けに一汗かきました。フロントで頂いたセットは針に糸を通すことから始まります。これがなかなか通らない、で等等helpcall、部屋係に来ていただきました。

彼女持参のセットの針には既に糸が通っていました、これですよね求められるのは。フロントに文句を言いたいところですが、止めておきましょう、結果オーライですからね( ^∀^)という訳でボタン付は完了、‘’応急で‘’のレベルですが(ーー;)

さて今日は都内視察です。先ず東京臨海広域防災公園、取って返して立川にある東京消防庁立川防災館・東京消防庁第八方面本部の視察をします。宿に着くのは夕方六時前になる予定です。それでは行ってきます(^^♪
posted by 渡辺ひろし at 08:24| 日記

2012年11月12日

夜来の雨も上がり^_^

明け方雨脚も強まった夜来の雨も上がり加減、今日から三日に及ぶ常任委員会の視察が始まります。越後長岡、そして東京入り明日明後日は関東周辺自治体を訪問します。
さて出発(^_^)☆
posted by 渡辺ひろし at 08:53| 日記

視察一日目

仙台駅発8時55分発はやて14号定時発大宮駅経由ときに乗り換えこれも定時に長岡駅着。何時も感じることですが、JRを代表として日本のインフラはまだまだ大丈夫、信頼に足るものですね。

私にとって長岡市役所訪問は初めてです。長岡駅から長岡市役所へのアプローチは見事の一言です。雨、雪に濡れずに往来ができるのです。民間・行政そしてJRの間で難しい交渉があったことと思います。困難を乗り越えた成果が市民にそして我々のような旅行者に還元されています。

中越地震発災から早八年立つこと改めて認識しました。この間、集落ごとにまとまって復旧復興に取り組んできた経過を改めて知ることができました。

同じ地域の‘’文化‘’で育った人達が、目の前の困難をともに手を携えて克服していくことの大切さを改めて思います。津波の被害を受けた沿岸部の集団移転を余儀なくされる地域の人々に対して配慮することは行政に求められる大事な部分だと思います。

メモリアル施設を見学して、長岡駅に。新幹線そして湘南新宿線に乗り換えて、新宿の宿に到着、明日に備えて散会。私はこれから、友人と会うことになっています。中学時代からの親しい友人、今は老舗大手メデイアの役員を務めています。いろいろ話が聞けるのが楽しみですね。



posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2012年11月11日

視察前のひと仕事

今日朝一番の仕事は、保護司としての仕事、面談終了してお別れし次いで伸びた頭髪の‘’明美カット‘’さっぱりしたところで、仕事の整理、電話をして、領収書の整理をしてもらってブログをチェックして書いてさて出発。

今日は防犯訓練視察、顔合わせを兼ねてのバーベキュウー大会に参加、若林区です。勾当台公園でのイベントのお誘いが今入ってさて、どうするか。帰ってきて町内会長を回る仕事もあるし、明日からの常任委員会の視察の準備もあるしで、目一杯烏合予定です。

明日から頃く朝の挨拶ができないことが残念です、何時もの時間に何時もの人と会えることが喜びになっているのですね、何時の間にか(´▽`)

さて出発が大幅に遅れてしましました、出発です。
posted by 渡辺ひろし at 10:59| 日記

2012年11月10日

日本の未来を拓くために

北の宿で定刻目覚め、そのまま辻立ちができる体調ですがところは山の中、朝風呂を一番に浴びることに、贅沢な朝ですね(TдT) アリガタイ

毎日見る明けの明星がひときわ輝い綺麗です、少し離れて月齢25日の月、三日月ですね。日が昇る直前の空に綺麗に並んで、朝焼けのオレンジ色に輝く雲と金星とそして月のドラマ久しぶりですね、自然の驚異否神秘素晴らしい、朝食も高原大根のおろし付きの和風膳、お薦めです、りこま高原ハイルザール栗駒

一足先に宿を出発、高原と平原を順調に車を走らせ縦貫道をひたすら仙台へ、間に合いました学習発表会。原町小学校そして榴岡小学校、いずれも子供たちの態度演目への取り組み素晴らしかったですね。このまま育って良き国民になって欲しいと思います。そのためには肥やしにも盾にもなりたい、真にそう思います。

孫が生まれてますますその思いが強くなりました。この子達が自虐史観に怪我される前に、自信に満ちて相手を思いやれる真に自立した強い人格が形成できるよう環境を整えていきたいと思います、身を挺して。

最終は躑躅少年野球設立35周年、スピーチの時間を頂き挨拶。設立当時から関係がある団体です、子供はお世話になる機会はありませんでしたが、独身時代から影になり日向になり共に歩んできた団体です。数えれば大異界卒業生は47歳になっており、その子供が同じ道を歩む例もあります。

舞台に立って、会の締めをする子達を、失礼しました、立派な青年の姿を見て感無量です。日本の未来を開くために共に頑張ろう、私の屍(^_^;)を乗り越えてゆけ。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2012年11月09日

東奔西走そして北走して北の宿泊

仙台市議会権限と財源調査特別委員会委員長副委員長打合せ、来年九月任期切れまでにどう進めていくのか(^_^;)大きな困難があります。特別自治市制度の言い出しっぺの役をになった仙台市長の今後の動きが見えない中議会が一方的進めていいのかどうか。県知事との会談は一切行われていな状況があります。

議会の中でも議員一人ひとりの中で温度差が有りすぎる、関係部局に説明を求める動きはこれまで一切なし(゚o゚;;。政党の意を組んで主張するのか、仙台市議会としてつまり市民の代表という立ち位置に優先順位を置くのかも不明、混沌状態といって良い。

敢えて状況を考慮せず意見を言う‘’ブレインストーミング‘’状態で意見交換をして、見えてきました、進め方。視察先も求められれば提案できるところまで進めてお開き。ご苦労様でした、事務方には本当にお世話になります。

戻って、健康福祉局関係課長から老健施設についてレクチャーを受け、続いて消防局から防災関係の事業説明を受け意見交換、終了後懸案の消防ヘリコプター移転候補とに問題で質問するも担当違いで要領を得ず。当然分かってはいるもの聞かずのい置けない問題です、局長に伝えておきますというご配慮に感謝しながら丁重にお断りしてお別れしました。言うべき時は直接、が原則ですからね。

宮城野中学校キャリア教育の一環として行われる外日講師の事業に出席。支援地域本部長として御礼を兼ねてのご挨拶を申し上げました。明治青年大学のメンバーの皆さん、忙しい時間を差し繰ってのご出張で頭が下がります。

早々に中学校を辞して、今日は栗駒高原に研修に向かいます。北部地震関連の視察ですが、明るいうちに着ければ実際に見れるのですが、ちょっと無理そうですね。

案の定、会場に着いたのは、日もとっぷり暮れてた六時前でした。くりこま高原はもう初冬の趣き、ドウダンツツジの燃えるような赤がとても美しいです。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2012年11月08日

特別養護老人ホーム視察

辻立ち終了後、自宅で来客応対。仙台市高齢者福祉計画について仙台市の動きについてが話題です。そして今日の視察は、福島県にある高齢者施設、シンクロしているとしか思えませんね。最近このようなことがたまたまあります。

南相馬市にある特別養護老人ホーム、動物介在活動CAPPが長年にわたって継続実施されてきました。モルモット、猫、犬そしてうさぎなどの動物を通じて心のケア、そして機能回復を図るというものです。獣医師の菅原康雄先生が二十年あまりの期間回数にして優に二百四十回を超える実践の歴史があります。

施設長の話をお聞きしながら、介護者そして入所されている方々との会話表情を見てCAPP活動の意義を深く感じることができました。広くこの活動が受け入れられるような仕組みづくりを考えていきたいと思います。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2012年11月07日

山形出張

空き家対策は仙台市の課題になってきています。何人かの議員が議会で発言を始めています。私もそのひとりですが、所有権の問題が有りなかなか行政が踏み込めないで来ました。少なくとも、仙台市の答弁は‘’関係局で連絡を取りながら適切に対応してゆきたい・・・‘’できました。

最近、仙台市当局に三十年近く相談をしていながら未だ解決せず、近隣に迷惑をかけている事例がありその対策について陳情を受けることがありました。区が消防局があるいは税関連部署が関わりながら結局は未解決状態だったのです。

全国で対策が始まっています、国でも指針を示しています。行動する時ですね。隣の山形市では具体的に取り組みを始めています。山形県内自治体も六つを超える自治体が取り組みを始めており、山形県も条例化に向けて県内自治体と協議を始めました。

山形市役所建築指導課ではお二人お迎えいただきました。要綱で運用中ですが、その経過現在の状況そして課題について質疑応答することができました。直接のやり取りが出来て有意義でした。幾つかのヒントも頂いた感じです。

先ず取り組むことです、一歩踏み込むことが肝要です。月を見ながら何時かはそこに行きたいと願ったままでいるのと、まず行ってみて一歩を踏み出すのとでは格段の違いがあります。月を見ているのが仙台市、先ずは行ってみて一歩足跡を付けたのが山形市です、仙台ガンバレですね。

最近仙台市役所内を見ると元気な局と旧態依然の局の差が見えます。職員の中にはぽつんと‘’閉塞感‘’をつぶやく人もあります。何かおかしい、職員にハツラツ感をもって仕事に取り組んでもらいたい、と願います。議会の責任も重大です・・・そして・・・。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2012年11月06日

大丈夫かな?

記者手帳・宮城

<仙台市長を痛烈に批判>
 「県市長会長として失格だ」−。民主党の安住淳幹事長代行(衆院宮城5区)が4日、石巻市で講演し、仙台市の奥山恵美子市長を痛烈に批判した。仙台市の被災者向け住宅再建の独自支援策に触れ「自分の所は金があるから助ける。隣の貧乏な街はどうでもいいのか」と声を張り上げた。
 安住氏は、各自治体の独自支援策を後押しする措置を政府内で検討中としながら、「仙台だけ人口が増えればいいということか」と最後まで怒りは収まらなかった。
 
河北新報 2012年11月6日

取り上げるのもバカバカしい限りの‘’パーフォマンス‘’‘’バカは仕事してから言え(`・ω・´)‘’当事者意識全く無しの‘’○○さん‘’、そんなに選挙が心配か、自民党候補予定者の肉薄ぶりをむしろ感じました。

会合でたまたま会った石巻選挙区の県会議員に聞くと周辺自治体長の関心を呼ぶ‘’パーフォマンス‘’と一言で切り捨てました。この程度で国政を担えると思う感覚、‘’大丈夫か‘’

posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2012年11月05日

爽やかな週の始まり

辻立ち五日ぶり、出張と連休で思わず長いお休みになりました。何時も時間に何時もの方々が通過挨拶を交わすことができました。お勤めのH夫人は、弓道の有段者。明治神宮での奉納行事の様子についてお話を聞きすることができました。精進の道は限りなしですね、‘’百尺竿頭一歩進む‘’を思い出しました。常に原点回帰、今日も新たな気持ちでスタートです。

午後から西山児童館会館式典出席、続いて議会に向かい消防局と危機管理室からのレクチャーを受ける予定です。今朝はこ事の他冷え込みがきつく感じましたが、六時過ぎから日が差し始めるとほんのりと暖かさが身にしみ楽になりました。そう、今日は太陽作戦で誰か一人でも元気になれるよう努めてみましょうか(^^♪
posted by 渡辺ひろし at 10:21| 日記

放置空家対策

午後から宮城野区西山児童館会館式典出席、早めに出かけて館内視察を済ませ式典に臨みました。小学校隣接設置された児童館、これから利用される方々にきっと気に入って貰えることでしょう。

一方出席ご来賓から苦言が一言「私は歓迎しない立場です」(^_^;)そのこころは、児童館は主に低学年を対象にしていますが、できるだけ親との触れ合いの時間を重視して欲しい、ポイントはここにあります。

待機児童解消の議論の際必ずあるのが、‘’子供は親が育てるのがベスト、預けっぱなしはいけない‘’私も基本的には同感(?)しますが、若い世代が低収入で苦しんでいるのも現実です。せめて、この程度の用意は必要と考えています。

終了後議会に。

経済局、危機管理室・消防局そして空家対策促進のため市民局、議会事務局と来週行われる常任委員会視察日程調整など会派控え室面談室を舞台に忙しく過ごしました。空き家対策が膠着状態になっています。全国的には社会問題化し国も対策を検討始めています。

仙台市においても私を含め数人の議員が廃屋そして空き家対策について問題提起をしています。事は個人の財産に関わることだけに、ふみこえることができない壁があるのですが捨て置けないことも現実です。

権利と義務、個人と社会の関係について明確でない現憲法下にある日本では出てきて当然と言える社会現象の一つだと考えます。‘’オイラは一番、社会は関係ねい‘’では困ります。

‘’歩踏み込む時期に来ている‘’と切実感と当事者意識を持って解決に向けて進んでいきたいと思っています。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2012年11月04日

政治を私するもの達

岡田氏、中国に配慮「決定は駄目だ」 離島奪還訓練断念の舞台裏 首相も追認、米は強い不快感
2012.11.3 09:00 (1/2ページ)[野田内閣]

岡田氏、中国に配慮「決定は駄目だ」 離島奪還訓練断念の舞台裏 首相も追認、米は強い不快感
2012.11.3 09:00 (2/2ページ)[野田内閣]

産経新聞11月3日朝刊

信じたくないことですが、国益を代表する政治家がまさか家業を優先するとは、否そんなはずはないはず、と信じたい。お読みにならない人のために、敢えて転記します。

そういえば、ある行事の時市役所OBから、‘’あんたが県会議委員に行って、奥さんを市議会議員に出したら良かったのに‘’と言われたことがあります。私はそのOBに言いました‘’それこそ政治を私する行為というのですよ‘’と。(´▽`)(`Δ´)!

流石に感じるところがあったのか、黙って下を向き視線を合わせませんでした。この程度の感覚を持った人々が政治に容喙している、誠に怖いことです。監視役の政治、その監視役を担うはずのメデイア、しっかりしなければならないのではないですか(;_;)

チベットの虐殺が報道されないのはなぜか、日中報道協定の存在を指摘する向きがありますが、ジャーナリズムの自殺と等しいですね。
posted by 渡辺ひろし at 12:16| 日記

復興会議

中野地区復興会議傍聴、今日で二回目です。津波で流され跡形もなくなった蒲生地区町内会四団体のリーダーそして応急仮設住宅自治体のチーダーの合同会議です。

仙台市役所から復興事業局幹部、今日は宮城の区役所担当課長、地元派出所から警察官そして地元仙台市議会議員、県議会議員元現衆議院議員が顧問として出席して開かれます。ベストメンバーですね。

私は傍聴してお話を聞き何かお役にたてないか待機する役、ということです。震災から一年八ヶ月、確実に‘’温度差‘’が出ています。せめて現場に身を置いて課題意識を共有できればということでの傍聴です。

ステージは集団移転の具体化に移りました。個々人のレベルにまで具体化してきていますが未だ集団移転の枠組みづくりに関係者の要望を取り込む必要があります。仙台市当局も丁寧に対応しようとしていることは肌で感じますね。

そして市長の出番でもあるのだがとも思います、職員は枠組みの中でしか対応できないのですからある一定のレベルから進まないのです。議員として問題提起をして市長を動かさねばと思います。

今回も二時間目一杯の会議が終了して急いで原町地区の社会を明るくする運動実施委員会会議に向かいました。保護司を中心としたこの会議、青少年の健全育成を中心に何時も話が弾みます。政治関係者が二人いることもあり今回も政治談義から、話題は世界に国内に自由に羽ばたき最後は子供たちが胸を張って生きれる日本社会を作ろうということでお開き、あっという間の二時間でした。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2012年11月03日

文化の日 晩秋の一日

仙台市青葉山公園テニスコート、青葉山城址周辺の木々は色付きテニスコートの傍らにある銀杏並木も昨年同様黄金の色付きを始めました。青空と秋の陽光に照り映えて、とても美しいものです。

宮城野区協会の総会を終えて、会員がお楽しみテニス試合に移ったのを見届けて今度は海沿いにあるの行園芸センターまで車を走らせました。仙台市農業園芸センターでは現在小品盆栽展が開催中です。

通常の盆栽の超ミニ版とでも言いますか、湯のみ茶碗あるいは刺身の醤油ざら程度の大きさの中に自然を再現するものです。好天にも恵まれ、会場は差し込む日差しも手伝ってかお客様で熱気溢れていました。(写真はfacebookhttp://www.facebook.com/hiroshi.watanabe.77770 )

会員は仙台市を中心に県内各地に所在しており、大きな被害を受けた石巻にも支部があります。一年の雌伏の期間を経て見事に復活、再び活度を始めました。復帰できたことそして又仲間と一緒に活動できることがとても楽しいという感想をお聞きすると、異なった世界を持つことの大切さを改めて感じます。

被災者をめぐる環境は復興に向けて変わってきていますが、活路がなかなか見いだせない厳しい現実の連続である日常から、一時でも思考を切り替えられる環境の提供は引き続き大事なことと思います。

ボランテイアの皆さんの継続した活動に心から感謝と敬意を表しながらも政治と行政の心配りも今大事だと思います。ボランテイアの申し出を断った事実がこれまでありました。事情はあったこととしても、折角の申し出を断った事実は事実として反省しそれを元にしての取り組みが必要ですね。

政治も行政も‘’反省‘’に潔さがありません、持たれ合っていると言われての仕様がありません。もたれ合いは緊張感の欠如につながります。市民の怒りが噴出し始めていると感じます、行政ばかりでなく議会にも。気づいているのかな、‘’火宅の人‘’になってはいないか、本当に心配です。

変わり者と言われても、議員として警鐘乱打していきたいと思います。






posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2012年11月02日

会派総会

帰仙して久しぶりに議会に、会派総会に臨む。議題は地方自治法改正に伴う条例改正の件、緊急時の議会対応マニュアル作成の件・・・先の震災の時に議会の対応が見えなかった、市民の批判があります、期待していない人も多いのですが。その反省の元作成検討を提案していましたが動き始めたわけです。

消防局から震災対応関連でのレクチャーの要望があり日程調整、その後書類整理、ちょっとの間に複数局から書類が届いていました。一通り目を通して、処分保存をするわけですがこれが難しい。

捨てるのが苦手なんです実は、特に印刷されたものは昔から残すのが習慣になってしまいました。印刷物にに対する信仰のようなものがあるようです(^_^;)

市長選が終わったあと、別棟にある自宅事務所にある書類はほとんど廃棄しました。中には平成62年度、私が仙台市議会議員に初当選してから大事に残していたものもあったのですが、過去との決別とでも云うのでしょうか思い切って捨ててしましました。

結局は読まないでしまうものですね、何時かいつかと思っているうちに時だけが過ぎてしまいました。人間関係も、市長選を境に自然に整理されました。残った方々、すっと近いづいて来てくれた方々が今支えてくださっています。議席を前列に用意して頂いたのも過去からの決別の意志の私なりの表現でした。


‘’還暦一期生‘’としての新たなスタートをして一年余り、文字通り一分一秒を惜しみながら奮闘して来たつもりです。が書類も新たに貯まりはじめました、心にちりが積もらぬよう心しなければと考えています。
posted by 渡辺ひろし at 00:00| 日記

2012年11月01日

視察二日目 福井市

あらゆる行動に際して一歩ごとに立ち止まり、自ら問うてみよ。「死ねばこれができなくなるという理由で死が恐るべきもになるだろうか」と。
自省録10巻29章マルクスアウレリウス


静かなる目覚め、窓の外は曇りとなりのブロックにある福井銀行本店の屋上に日の丸がはためく。大事なことですね、国あっての幸せ。時間は六時前、本市某区役所ではボロボロの国旗が頃く掲揚されてました、注意したにもかかわらず。思い出しました。

さて、今日は福井県庁教育委員会テーマは「福井型18年教育」を支える「福井県学力向上センター」です。

平均を超えるのが目標では困るのです.
(`Δ´)!・・・(^_^;)

posted by 渡辺ひろし at 09:40| 日記
image.jpeg test